中華聖公会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中華聖公会(ちゅうかせいこうかい、ウェード式:Chung Hua Sheng Kung Hui、英語訳:China Anglican-Episcopal Church)は、中国にあった聖公会である。1949年の中華人民共和国設立後しばらくして、ほぼ全プロテスタント教会が中国基督教協会傘下へ移る過程で消滅し、香港・マカオ教区管区として独立し、国民党と共に台湾へ移動した人々は台湾聖公会が設立した。

歴史[編集]

1799年に活動を開始し、1842年に香港で宣教を開始し、1912年に中華聖公会の成立を見た。

1949年の中華人民共和国設立後しばらくして、ほぼ全プロテスタント教会が中国基督教協会傘下へ移る過程で消滅した。香港・マカオ教区管区として独立し、国民党と共に台湾へ移動した人々は台湾聖公会を設立した。

教区[編集]

ヴィクトリア教区(1842年)[編集]

香港・マカオ教区(South China Mission, 1849年)[編集]

浙江教区(Chekiang Mission, 1872年)[編集]

華北教区(1880年)[編集]

華西教区(West China Mission, 1895年)[編集]

山東教区(1903年)[編集]

福建教区(Fukien Mission, 1906年)[編集]

桂湘教区(Gwanghsi-Hunan Mission, 1909年)[編集]

雲貴教区(1947年)[編集]

参考項目[編集]

外部リンク[編集]