中田正光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中田正光(なかだ まさみつ、1946年― )は、城郭研究家。

三重県生まれ。青山学院大学文学部教育学科卒業。全国の中世城郭址を実地調査し、特に武田氏北条氏の城郭を研究している。

著書[編集]

  • 『秩父路の古城址』有峰書店新社 1982
  • 『埼玉の古城址』有峰書店新社 1983
  • 『戦国武田の城 武田戦略と城塞群の全貌』有峰書店新社 1988 のち洋泉社
  • 『よみがえる滝山城 戦国の風雲をかけぬけた天下の名城』滝山城跡群・自然と歴史を守る会  2007
  • 『滝山城戦国絵図 中世城郭のからくり よみがえる滝山城ハンドブック』滝山城跡群・自然と歴史を守る会 2009
  • 『村人の城・戦国大名の城 北条氏照の領国支配と城郭』洋泉社・歴史新書y 2010
  • 『北の関ケ原合戦 北関東・東北地方で戦われた「天下分け目」の前哨戦 戦国フィールドワーク』三池純正共著 洋泉社 2011
  • 『伊達政宗の戦闘部隊 戦う百姓たちの合戦史』洋泉社・歴史新書y 2013