中田仁之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかた ひとし
中田 仁之
生誕1969年
大阪府
国籍日本の旗 日本
民族日本人
出身校関西大学商学部
職業実業家経営コンサルタント中小企業診断士
活動期間2012年 -
活動拠点大阪府
肩書き株式会社S.K.Y.代表取締役
一般社団法人S.E.A代表理事
公式サイト中田仁之 公式Facebook
株式会社S.K.Y.
日本営業大学

中田 仁之(なかた ひとし、1969年-)は、日本実業家中小企業診断士。株式会社S.K.Y.代表取締役。 一般社団法人S.E.A代表理事。経営コンサルタントとして「パートナー型」コンサルティングやアスリートのセカンドキャリア支援などを行っている[1][2][3]

人物・略歴[編集]

20年以上にわたり、多くの業種の販促企画の提案営業・管理職を経験した後、2012年に起業・独立[1]中小企業診断士として、販売促進に関するプロデュース及び営業力強化・人材育成等のコンサルティング、経営者やリーダー向けのビジネス講座を主宰。企業での講演、リーダー育成プロジェクトの開発、人脈を活用したチーム体制で企業のサポートを行っている。また、アスリートのセカンドキャリア支援を目的に「日本営業大学®」を設立。アスリートのための「教育・採用・独立起業等キャリア形成に関するプラットフォーム作り」に尽力するなど、多方面で活躍する[4][5]

自らは大手民間企業に就職できたが、社会人野球に進んだ同級生らが、チームがなくなった途端に路頭に迷う姿を見てきた。一方で、クライアントである中小企業の多くが人材獲得に苦しんでいるのも知悉していた中田は、これをマッチングすることで社会課題の解決に繋がると考え、単なる人材斡旋ではなく、アスリートのための社会性のあるセーフティネットとして構想を練った。その結果、アスリートセカンドキャリア支援として、就職や独立起業を目的とする教育機関「日本営業大学」を2020年5月に開校。同大学のスキームは、会員企業の協力の下、アスリートたちにビジネスの基礎や人間力を学べる講座を3カ月間受講させ、修了後は企業への就職をはじめ、独立起業や地方創生など継続的なサポートを行うというものである[3][6][7][8][9][10]

著書に『困った部下が最高の戦力に化ける すごい共感マネジメント』(ユサブル刊)がある。重版を重ね、さらに台湾中国での翻訳出版も決定している[4][5]

幼少期より野球一筋で、大阪府立池田高校から関西大学商学部へ進学。大学在学時には体育会準硬式野球部に所属、4回生のに大学選抜メンバーに選出され海外遠征を経験した[5][2]。幼少時より野球を通してチームに所属してきた中田は、チームを創り上げるために、リーダーに求められるものや、チーム力を高めるために最も重要なのは「共感力」だと発言し、具体例として「感謝を伝える」「可能性を信じる」「誤った行為を叱る」「感情を共有する」「チーム心を養う」を挙げている[11]

経歴[編集]

  • 1969年 - 大阪生まれ。 幼少期より野球に打ち込む。
  • 1989 - 関西大学商学部入学。体育会準硬式野球部に所属。4年時には日本代表に選出される。
  • 1993 - 大日本印刷株式会社入社。営業および営業課長として20年間、あらゆる業種の販売促進に従事。
  • 2005年 - 生涯学習開発財団認定コーチ取得。
  • 2008年 - 日本プロモーショナル・マーケティング協会認定、プロモーショナル・マーケター取得。
  • 2012 - 株式会社S.K.Y.設立、代表取締役に就任。「大好きな人に本気の応援を提供する」という企業理念を掲げ、コンサルティング事業を開始。
  • 2015 - 中小企業診断士登録。様々な業種の経営支援・経営指導に従事。飲食店の経営も開始。
  • 2018 - 著書『困った部下が最高の戦力に化ける すごい共感マネジメント』(ユサブル刊)出版。
  • 2019 - 一般社団法人S.E.A設立、代表理事に就任。
  • 2020年 - 4月、日本営業大学を開講。アスリートのキャリア支援を開始[12][7]

出典[4][1][5][2][3]

所属団体[編集]

  • 大阪中小企業診断士会
  • 大阪府中小企業診断士協会
  • 大阪商工会議所 - 登録アドバイザー
  • 中小企業庁委託事業 - 登録専門家

参考サイト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 起ちあがれニッポン DREAM GATE 中田仁之(なかた ひとし) / 大阪府 / 株式会社S.K.Y.”. 2021年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c 中田 仁之(なかた ひとし) Hitoshi Nakata”. 東洋経済on-line. 2021年3月25日閲覧。
  3. ^ a b c アスリートのセカンドキャリア問題に真正面から取り組む―中田仁之(一般社団法人S.E.A代表理事)”. 経済界ウェブ (2019年12月19日). 2021年3月25日閲覧。
  4. ^ a b c 大阪中小企業診断士会”. 2021年3月25日閲覧。
  5. ^ a b c d 講師派遣ナビ - 株式会社S.K.Y.代表取締役、中小企業診断士”. 2021年3月25日閲覧。
  6. ^ ビジネスマナー・営業スキルの教育から就職、その先の定着まで日本初・アスリートのセカンドキャリアに特化した支援機関『日本営業大学』2020年4月開校”. 一般社団法人S.E.A (2019年9月). 2021年3月25日閲覧。
  7. ^ a b JIJI.COM 「競技活動をしながらビジネススキルを習得 Businessアスリート育成に向けた「デュアルキャリアコース」」2020年7月28日号
  8. ^ 東京新聞』2020年5月25日「タイムライン 第二の人生学びから」
  9. ^ 朝日新聞』2020年3月3日「第2のキャリア 現役時代から支援」
  10. ^ 日本初のアスリート向けビジネス教育機関 「日本営業大学」アスリート・元アスリート 40名が入学し第3期スタート”. なんば経済新聞 (2021年1月21日). 2021年3月25日閲覧。
  11. ^ 残念なリーダーがわかってないチームの本質 仲良しグループで終わらせない5つの共感力”. 東洋経済on-line (2018年1月19日). 2021年3月25日閲覧。
  12. ^ 報道関係者各位一般社団法人S.E.A合同記者会見開催のお知らせ” (2020年10月). 2021年3月25日閲覧。

外部リンク[編集]