中田ろく郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「中田騄郎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
中田騄郎

中田 騄郎(なかだ ろくろう、1882年明治15年)4月8日[1] - 1957年昭和32年)8月12日[2])は、日本の衆議院議員国民同志会)、弁護士

経歴[編集]

静岡県榛原郡勝間田村(現在の牧之原市)出身[3]1901年(明治34年)、東京法学院(現在の中央大学)を卒業した[4]。弁護士を開業し、静岡県弁護士会長に選出された[3]。また静岡市会議員となり、議長も務めた[3]

1930年(昭和5年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その他、社団法人救護会理事長、静岡県社会事業協会副会長、藤相鉄道株式会社監査役などを務めた[3][4]

著書[編集]

  • 『一秘の法門』(清見晴明会、1930年)
  • 『天晴地明』(清見晴明会、1933年)
  • 『金剛戒の信仰』(文松堂、1943年)

出典[編集]

  1. ^ 衆議院『第五十八回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1930年、16頁。
  2. ^ 『新訂政治家人名事典』
  3. ^ a b c d 『衆議院議員略歴』
  4. ^ a b 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局、1940年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第9版』 人事興信所、1931年
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』 日外アソシエーツ、2003年