中田なおき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なおき
本名 井上 文夫
生年月日 (1966-03-13) 1966年3月13日(51歳)
出身地 大阪府豊中市
血液型 A型
身長 170cm
最終学歴 日生学園第一高等学校
師匠 中田カウス(現在は破門)
コンビ名 中田尚希・祐士(1991年解散)
事務所 オフィスキイワード
活動時期 1987年 -
現在の代表番組 なおきのごきげんフライデー
他の活動 堺ブレイザーズの応援団長及びチームサポートスタッフ
公式サイト オフィスキイワード タレントプロフィール
受賞歴
1990年 今宮子供えびすマンザイ新人コンクール福笑い大賞(中田尚布・祐士)

なおき1966年3月13日 - )は、日本お笑いタレント。本名は井上 文夫(いのうえ ふみお)、旧芸名は中田 尚希(なかた なおき)、中田 なおき(読み同じ)。

大阪府豊中市服部出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシーフリーランスを経て、オフィスキイワード所属。

概要[編集]

  • 豊中市立第四中学校、日生学園第一高等学校(現・桜丘高等学校)出身。妹がいる。現在は大阪市中央区在住。既婚、1男1女あり。
  • 1987年中田カウスの門下に入り、1989年中田尚希・祐士というコンビで活動していた。1991年に同コンビ解散。ADに転向するが、のちにピン芸人で復帰。
  • 今宮えびすで受賞した楯には「中田尚・祐士」と書かれていた。
  • デビュー当時、中田カウスの独断で芸名を「中田ラッコ」にさせられたが、その日のうちに元に戻された。
  • 京橋花月(2008年10月まではうめだ花月)、なんばグランド花月を中心に活動していた。
  • 中学生のクラブ活動はバレー部であり、現在の趣味は堺ブレイザーズの応援。その縁から2004年10月19日から堺ブレイザーズの応援団長及びチームサポートスタッフに就任している。また、2016年のリオデジャネイロオリンピックバレーボール世界最終予選など、日本で開催の国際大会でも会場の応援団長を務めてきた[1]
  • M-1グランプリ大阪予選の司会者を毎年務めていた。
  • 「ピン芸人はうけるかすべるかではなく、言うか言わないかが大切」と言っている。
  • 今田耕司とは同じ高校の同級生で、しかも生年月日が同じ。しかし今田の方が吉本入りが早く、芸能界では先輩であるため、「今田さん」と呼び、敬語で会話する(今田は「なおきくん」と呼んでいる)。
  • 田中直樹」と間違えられることがある。ちなみに、田中は同じ中学の後輩で、田中の姉とは同じ中学の同級生である。
  • 2009年5月、師の中田カウスが破門していたことが判明。破門の理由については明らかにされていない。その後はよしもとクリエイティブ・エージェンシーは契約を解除しておらず、仕事も続けていた。
  • その後同社からの公式プロフィールは削除されており、フリーで仕事を続けていたが、オフィスキイワードに入社。

受賞歴[編集]

出演[編集]

レギュラー番組[編集]

過去に出演したテレビ番組[編集]

過去に出演したラジオ番組[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]