中澤公誉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中澤公誉(なかざわ たかよし、1985年1月20日 - )は日本空手家

経歴[編集]

9歳で空手道東眞會に入門し、中学3年で黒帯(初段)取得。

高校時代では一般部新人戦優勝。極真会館全中部大会高校生の部優勝。全日本大会高校生軽量の部3位など、着実に選手としての実績を重ねる。

埼玉工業大学に進学し、2005年4月に行われた「第3回極真館全日本空手道選手権」では弱冠20歳で軽量級3位入賞。同年9月の「第1回全世界ウェイト制空手道選手権」(ロシア開催)の日本代表に選出された。

同年11月の「全日本オープントーナメント空手道選手権」(体重無差別)では6位入賞、大会特別賞も主催者より贈られた。

2007年、「全日本オープントーナメント空手道選手権」(体重無差別)では7位入賞、技能賞を贈られさらに高い評価を得る。この成績により、翌年の「全ヨーロッパ空手道選手権」の出場選手として選ばれ、海外の強豪を相手にベスト8まで進んだ。

2008年「第6回全日本空手道選手権」で軽量級準優勝、同年10月の「第2回全世界ウェイト制空手道選手権」(ハンガリー開催)に軽量級日本代表となり、2大会連続の出場を果たす。この大会で第4位となり、大会に参加した日本人選手の中で最上位となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]