中浜博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中浜 博 (なかはま ひろし 1928年 - 2008年4月3日)は、医師。元聖霊病院(名古屋)院長。専門は、心臓外科で、医学博士名古屋大学)。スペイン医学博士。東京都出身。

ジョン万次郎の直系の子孫(4代目)で、日本海事史学会会員でもあり、ジョン万次郎に関する研究と著作で知られる。

略歴[編集]

学習院高等科(旧制)を経て、名古屋大学医学部を卒業。その後、心臓外科治療の研究のためスペインに赴き、マドリッド大学大学院を修了。帰国後、東京において、聖母病院東京厚生年金病院に勤務した後、1996年名古屋に移住。以後、聖霊病院院長、中日病院外科部長等を歴任した。2008年4月3日、虚血性心疾患のため79歳で死去[1]

著書[編集]

  • 1991年 私のジョン万次郎 子孫が明かす漂流150年目の真実
  • 1994年 私のジョン万次郎 子孫が明かす漂流の真実
  • 2001年 中浜万次郎集成
  • 2005年 中浜万次郎 「アメリカ」を初めて伝えた日本人

脚注[編集]

  1. ^ 「ジョン万次郎のひ孫 中浜博氏死去」、高知新聞、2008年04月05日08時46分配信、2009年2月27日閲覧

外部リンク[編集]