中洞正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中洞 正(なかほら ただし、男性、1952年昭和27年〉7月30日 - )は、昭和・平成時代の日本酪農家山地酪農家)。岩手県宮古市出身。

実家は宮古市にて自給自足的農業を営んでいた。東京農業大学農学部卒業後、岩手県岩泉町で酪農を開始。24時間365日畜舎に牛を戻さない通年昼夜放牧酪農、牛乳プラントの設計、建築、乳製品の製造販売まで手掛ける中洞式山地酪農を確立した。中洞式山地酪農の普及を目指す株式会社山地酪農研究所 代表取締役。農業生産法人株式会社企業農業研究所 中洞牧場 牧場長。東京農業大学客員教授。

経歴[編集]

  • 1983年 北上山系開発事業の一環として岩手県岩泉町に入植
  • 1984年 岩手県岩泉町に牧場を創設
  • 1990年 通年昼夜型放牧酪農技術を国内で初めて確立
  • 1992年 輸入飼料の使用をやめ、国産飼料のみによる飼育技術を確立。通年昼夜放牧酪農への本格移行を完了。エコロジー牛乳として委託加工を開始
  • 1997年 生乳加工処理プラントを自社で建設し、製造を開始
  • 2000年 法人化により、有限会社中洞牧場を設立
  • 2001年 付帯事業としてアイスクリームの製造を開始
  • 2003年 株式会社中洞牧場を設立
  • 2003年 旭川 斉藤牧場ミルクプラント建設、及びコンサルタント
  • 2003年 東北アントレプレナー大賞受賞
  • 2003年 島根 シックス・プロデュースミルクプラント建設、及びコンサルタント
  • 2005年 東京農業大学経営者大賞受賞
  • 2005年 EOY (entrepreneur of the year japan) セミファイナリスト受賞
  • 2006年 東京農業大学客員教授就任
  • 2007年 株式会社中洞牧場を後進に譲り、山地酪農コンサルタントをはじめる
  • 2007年 京丹後森林ノ牧場の創設コンサルタント
  • 2009年 那須森林ノ牧場の創設コンサルタント
  • 2009年 ニシカワ食品株式会社北海道美瑛ファームの創設コンサルタント
  • 2009年 株式会社リンクと協業して農業生産法人株式会社企業農業研究所、及び株式会社山地酪農研究所を設立

理念[編集]

  • 日本国内の酪農の現状に疑問を抱き、これからの酪農のあるべき姿を実践している。
  • 東京農業大学の猶原恭爾博士(故人)によって提唱された、通年昼夜放牧、自然交配、自然分娩という「山地酪農」を実践しながら、自社プラントで生産した「中洞牧場牛乳」などをはじめとした乳製品を直接消費者に販売している。

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]