中東のエチケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中東のエチケットとは、基本クルアーンで書かれている事項に従っている。それらを伝統的に独自に理解し、何世紀にもわたって実践されてきた。中東地域におけるエチケットの多くの事柄は、イスラム教に直結している。イスラムにおけるエチケット規定はアダブと呼ばれ、その中に「洗練、良い作法、モラル、倫理、礼儀作法、良識、人道と正義」に関する項目が記載されている[1]

そのため、この記事で説明されている多くの点がイスラム世界の他の地域(中東以外のインドネシアなど)、イスラム教徒の住む家などにも適用される。

エチケットの特徴[編集]

  • 公衆空間では、男女の仲は例え既婚者同士でも慎みを持つ[2]


タオローフ[編集]

タオルーフペルシア語: تعارف‎とは、社会階級と敬意の両方を尊重するペルシャの礼節の事である。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Firmage, Edwin Brown and Weiss, Bernard G. and Welch, John W. Religion and Law. 1990, page 202-3
  2. ^ Nydell, Margaret (2006), Understanding Arabs: A Guide for Modern Times, Boston, Massachusetts: Intercultural Press, p. 45, ISBN 978-1-931930-25-3, http://books.google.com/?id=ZNoiieefqAcC&pg=PA45&lpg=PA45&dq=married+couples+holding+hands+saudi+arabia 2009年5月25日閲覧。