中村量空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村量空(なかむら りょうくう、1948年-2001年)は、理論物理学者。

兵庫県生まれ。本名・英一。静岡大学卒、1977年名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了、78年理学博士福井県立短期大学助教授、福井県立大学教授。専攻は理論物理学、科学思想、複雑系コンボルーション理論の提唱者。印度学仏教学会理事を務め、進化経済学会にも加わり、自然科学から思想、経済、社会に至るまで広く論じた。[1]

著書[編集]

  • 『シュレーディンガーの思索と生涯 波動のパラダイムを求めて』 福井謙一序、工作舎 1993 ISBN 978-4-87502-216-9
  • 『複雑系の意匠 自然は単純さを好むか』中公新書 1998
  • 『<超脱皮>企業を目ざす サバイバルのための複雑系思考』中央公論新社 2001

翻訳[編集]

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『“超脱皮”企業を目ざす サバイバルのための複雑系思考』著者紹介