中村賢一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 賢一郎(なかむら けんいちろう、1932年5月28日 - 1988年8月2日[1])は、日本の経済学者。

新潟県出身。明治大学政経学部卒、1958年同大学院政治経済学部修了、1975年「現代経済学の系譜」で経済学博士。明治大学助教授、教授。56歳で死去した[2]関未代策に師事した。

著書[編集]

  • 『経済学の発展』税務経理協会 1966
  • 『現代経済学の系譜』税務経理協会 1967
  • 『経済の理論と現実 市場構造と物価』ミネルヴァ書房 1971
  • 『経済学史 諸学説の系譜学的研究』学文社 1975
  • 『経済学説研究』学文社 1986

共編[編集]

翻訳[編集]

  • M.ヴァン・ミラーグ『経済理論入門 経済学説の批判的研究』学陽書房 1982
  • アラン・コーディントン『ケインズ派経済学の探究 パラダイムを求めて』学文社 1985

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 中村賢一郎先生年譜・著作目録 (中村賢一郎教授追悼論文集)政経論叢 1989-08