中村豪 (野球指導員)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中村 豪なかむら たけし1942年6月28日 - )は、愛知県名古屋市出身の野球指導員。

来歴[編集]

名古屋電気高校監督時代から名監督として知られ、多くのプロ野球選手を世に送り出している。教え子にはイチロー工藤公康山崎武司などがいる。プロ野球などの審判の指導員を務めたこともある。

2002年から豊田大谷高校監督に就任したが、2007年に定年退職。その後は西尾市吉良町に移り住んで趣味の絵画などをしながら生活を送り、地元の子供にボランティアで週1回野球を指導している。また、町長の依頼により、地元の高校である吉良高校野球部のアドバイザーも務めている。

同校の野球部の監督を務める伊澤和史は、中村の出身校である愛知学院大学の後輩である。

イチローはインタビューにおいて、「3年間指導を受けた中村監督は、イチローさんにとってどんな存在ですか?」と問われた際、「間違いなく僕の人生の師でしょうね。監督からは野球はもちろんですが、それ以外のことを教わりました」と答えている[1]

甲子園での成績[編集]

  • :出場2回・2勝2敗
  • :出場3回・4勝3敗
  • 通算:出場5回・6勝5敗

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『イチロー・インタビュー Attack the Pinnacle!』(2001年小松成美著、新潮社[要ページ番号]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]