中村良夫 (景観工学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 良夫(なかむら よしお、1938年4月3日[1] - )は、日本景観学者(景観工学、国土史)。東京工業大学名誉教授

略歴[編集]

東京市(現港区)生まれ。1963年東京大学工学部土木工学科卒、日本道路公団入社、1965年東京大学工学部助手、1968年講師。1973年、東京大学工学博士。論文の題は「A theoretical approach to perspective image of highway alignment(道路線形の透視形態に関する理論的研究)」[2]。1975年助教授、1976年東京工業大学助教授、1982年教授、1998年同名誉教授、京都大学工学研究科教授。2002年定年退官。

主な政府自治体関係等委員は、 1986~1994 東京都都市美対策専門委員、 1986~1994 建設省道路審議会専門委員、 1992~1994 国土庁国土審議会専門委員、 1998~2000国土庁首都機能移転調查研究委員会景観部会座長、 1994~1998 広島市都市デザイン委員会委員、 1995~1997山形県土景觀計画作定委員会委員長、 1996~2004文化庁文化財審議会専門委員、 2001~現在関門景観審議会会長(北九州市、下関市)、 2000~現在横須賀市都市景観審議会委員長、 2002~2004文化庁国際文化交流懇談会委員、 1993~現在 国土交通省羽田沖合展開技術委員会委員、 1993~2004国土交通省羽田空港デザイン委員会委員、 2003~2004神戸2050 構想研究委員会座長、 2002~現在UDC 景観大賞審查委員会座長、 2006~現在 日本風景街戦略委員会副委員長、 2008~現在山形県景観審議会会長、など。

1982年『風景学入門』でサントリー学芸賞、土木学会著作賞受賞、2001年『風景学・実践篇』で土木学会出版文化賞受賞。 1983 国際交通安全学会賞。

手掛けた太田川環境護岸、古河総合公園は、ダンバートンオークス,ハーバード大学研究資料館現代景観デザインコレクション収蔵。

2006 土木学会功績賞。

2017年秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

計画・設計[編集]

著書[編集]

  • 『土木空間の造形』技報堂 1967
  • 『風景学入門』中公新書 1982
  • 『風景学・実践篇 風景を目ききする』中公新書 2001
  • 『風景を愉しむ風景を創る 環境美学への道』日本放送出版協会 NHK人間講座 2003
  • 『湿地転生の記 風景学の挑戦』岩波書店 2007
  • 『風景からの町づくり』日本放送出版協会 2008
  • 『都市をつくる風景 「場所」と「身体」をつなぐもの』藤原書店 2010

共編著[編集]

  • 『サービス施設と道路景観工学』鈴木忠義,田村幸久共編著 技術書院 交通工学シリーズ 1973
  • 『新体系土木工学 58 都市空間論』樋口忠彦北村眞一窪田陽一共著 技報堂出版 1993
  • 『テラ 創景する大地 写真集』柴田敏雄写真 都市出版 1995
  • 『国土の詩学 研ぎすませ風景感覚』編著 技報堂出版 1999
  • 『名都の条件 研ぎすませ風景感覚』編著 技報堂出版 1999
  • 日[ビ]貞夫写真 桑子敏雄共著「さがしてみよう日本のかたち」山と溪谷社
1、城、2003
2、庭園、2004
  • 『環境と空間文化 建築・都市デザインのモチベーション』編著 学芸出版社 2005
  • 『日本人はどのように国土をつくったか 地文学事始』上田篤,樋口忠彦共編 学芸出版社 2005
  • 『風景とローカル・ガバナンス 春の小川はなぜ失われたのか』鳥越皓之,早稲田大学公共政策研究所共編 早稲田大学出版部 2014
翻訳
  • ハンス・ローレンツ『道路の線形と環境設計』中村英夫共編訳 鹿島出版会 1976

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 博士論文書誌データベース