中村義一 (分子生物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 義一(なかむら よしかず、1947年11月25日 - )は、日本分子生物学者。東京大学医科学研究所基礎医科学大部門遺伝子動態分野名誉教授。専門は分子遺伝学分子生理学RNA医科学研究の第一人者。

新潟県出身。1972年京都大学理学部物理学科卒業。1977年京都大学大学院理学研究科生物物理学専攻博士課程修了、理学博士となる。1977年日本学術振興会奨励研究員となる。1978年東京大学医科学研究所助手となる。1986年東京大学医科学研究所癌体質学研究部助教授となる。2000年から東京大学医科学研究所基礎医科学大部門遺伝子動態分野教授。傍ら、2002年から2003年まで東京大学医科学研究所副所長を務めた。

2005年から、株式会社リボミック取締役として、RNAアプタマーに関する研究成果を利用した新薬の開発にも携わっている。

著書[編集]

外部リンク[編集]