中村竜太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
なかむら りゅうたろう
中村 竜太郎
生誕 (1964-01-19) 1964年1月19日(55歳)
日本の旗 日本
職業 ジャーナリスト

中村 竜太郎(なかむら りゅうたろう、1964年1月19日 - )は、日本ジャーナリスト

人物・略歴[編集]

大学卒業後アパレルメーカーに入社[1]。その後、光文社女性自身』記者を経て、1995年から文藝春秋週刊文春』記者となる[1]。以来20年間、政治・経済・スポーツ・芸能・皇室など多岐にわたる特集記事(ニュース)を担当[1]2014年11月からフリーになった。

現在、『週刊文春』、月刊『文藝春秋 (雑誌)』、『Forbes Japan』などで執筆中。「NHK紅白プロデューサーが制作費8000万円を横領していた!」などで「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞を3回受賞、ほかにも同賞のスクープ賞2回、企画賞1回を受賞している[1]。また、「ASKA逮捕!」で第46回「大宅壮一ノンフィクション賞」候補となった[1]

『週刊文春』記者時代の同僚には、拓殖大学教授でノンフィクション作家の富坂聰がいる。趣味は「世界の温泉」巡り、お気に入りはウィーン郊外「レーマーテルメ」。

2017年には読売テレビ系連続ドラマ『ブラックリベンジ』の監修を務めた[2][3]

記事[編集]

  • 「2020年日本の姿 ジャニーズの未来」(文藝春秋 (雑誌)、2016年7月号)
  • 「強欲資本主義と決別せよ」ホセ・ムヒカ元ウルグアイ大統領単独インタビュー(文藝春秋 (雑誌)、2016年6月号)
  • 「SMAPを壊した独裁者メリー」(文藝春秋 (雑誌)、2016年3月号)
  • 「日本を変えた平成51事件 光母子殺人」(文藝春秋 (雑誌)、2016年1月号)
  • 「失われた神話 紅白レコード大賞」(文藝春秋 (雑誌)、2015年8月号)
  • 「井上晴美・熊本地震被災告白」(週刊文春、2016年5月16日号)
  • 「高倉健に養女がいた」(週刊文春、2016年1月1日・8日号)

連載[編集]

著書[編集]

  • スクープ! 週刊文春エース記者の取材メモ(文藝春秋、2016年)[4]

主な出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]