中村秀吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中村 秀吉(なかむら ひでよし、1922年7月29日 - 1986年12月25日)は、日本の哲学者

略歴[編集]

埼玉県出身。東京帝国大学理学部数学科卒。応召、復員後、哲学に転じ、金沢大学法文学部助教授、教授、1970年千葉大学教授。分析哲学マルクス主義を研究。

著書[編集]

  • 『論理学』青木書店 現代哲学全書、1958
  • 『論理実証主義とマルクス主義』 青木書店、1961
  • 『科学論の基礎 分析的方法とマルクス主義』青木書店、1970
  • 『パラドックス 論理分析への招待』中公新書、1972 のち講談社学術文庫
  • 『時間のパラドックス 哲学と科学の間』中公新書 1980
  • 『いま、なぜ反核か』核兵器廃絶を訴える千葉大学教官有志の会 編 千葉大学生活協同組合 千葉大生協ブックレット 1988

翻訳[編集]

参考[編集]