中村祐紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村祐紀 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ナカムラ ユウキ
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離走長距離走マラソン
所属 住友電工
大学 青山学院大学国際政治経済学部卒業
生年月日 (1995-07-24) 1995年7月24日(27歳)
生誕地 大阪府の旗大阪府東大阪市
身長 165cm
体重 56kg
自己ベスト
1500m 3分48秒76(2013年)
5000m 13分52秒29(2016年)
10000m 28分34秒66(2015年)
ハーフマラソン 1時間2分35秒(2016年)
マラソン 2時間08分29秒(2022年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

中村 祐紀(なかむら ゆうき、1995年7月24日 - )は、日本陸上競技選手。専門は中距離長距離走マラソン大阪府東大阪市出身。東大阪市立石切中学校大阪桐蔭高等学校[1]青山学院大学国際政治経済学部国際経済学科卒業、住友電工陸上競技部所属[2]

身長165cm、体重56kg。実弟は同じく青山学院大学陸上競技部出身で、大阪ガス陸上部所属の中村友哉[3]

経歴[編集]

高校時代まで[編集]

  • 東大阪市立石切中学校1年から陸上を始める。
  • 全日本中学校陸上競技選手権大会で800mに出場するも予選落ち。
  • 大阪桐蔭高校3年時の全国高校総体2013・陸上1500mで2位に入り、大阪府の高校記録(当時:3分48秒76)を樹立した。
  • 2013年11月の全国高校駅伝大阪府予選では3区で区間賞を獲得し大阪桐蔭高校を初優勝に導く[4]。この大会では2区を務めた友哉との兄弟リレーも果たしている。第64回全国高校駅伝では1区区間6位(チーム総合22位)の成績を残した(友哉も出場し7区区間5位)[5]

大学時代[編集]

  • 2014年に青山学院大学に進学。1年時は学生三大駅伝全てにメンバー入りを果たすも、補欠に留まる。
  • 2年時の第27回出雲駅伝では2区区間4位。2016年の第92回箱根駅伝では9区区間7位に留まったが、チームは2位以下に大差をつけ箱根駅伝連覇を果たす。
  • 3年時は夏に大腿部を痛め出雲駅伝には出場できなかったが、第48回全日本大学駅伝では7区区間5位でアンカー一色恭志の逆転優勝に繋いだ。第93回箱根駅伝では当初10区にエントリーされたものの、当日安藤悠哉主将に交代となった。
  • 2017年2月26日、初マラソンとなる東京マラソンに出場。2時間12分台の記録で全体18位(日本人8位・学生1位)の成績を残した。中村自身は2時間15分台を当初の目標としていたが、これを上回る快走を見せた。
  • 4年時の第49回全日本大学駅伝では1区を任されるが集団のハイペースについて行けず7.5km付近で集団から脱落。トップ東洋大学と1分22秒差の10位(区間11位)と大きく出遅れチームも総合3位に終わり、第94回箱根駅伝は16人のエントリーメンバーに入ることも叶わなかった。

社会人以降[編集]

  • 2018年4月、住友電工へ入社。ニューイヤー駅伝には入社初年度の第63回大会から3年連続出場。
  • 約3年振りのマラソン挑戦と成る、2020年2月2日の第69回別府大分毎日マラソンでは、自己記録を丁度1分更新する2時間11分台で総合11位(日本人7位)となった。
  • 2021年2月28日、最後の大会(翌年から大阪マラソンと合併)となった第76回びわ湖毎日マラソンでは総合49位(日本人47位)に終わるも、自己記録を1分以上更新の2時間10分台でフィニッシュ。
  • 2022年12月4日の第53回防府読売マラソンに出走。過去同大会4度覇者の川内優輝が早々15Km過ぎで脱落するも、中村は終始先頭グループに待機。レース後半の33Km付近で中村一人だけ集団から抜け出すと、他男子選手は誰もついていけずそのまま独走へ。結果自己記録を2分以上更新し、初めてのサブ10(2時間10分未満)をマークする2時間8分台の記録で、フルマラソン初優勝を達成[6]。さらに、2024年パリオリンピック選考会の2023年MGC出場権(同年秋開催予定)も獲得した[7][8]

人物[編集]

戦績[編集]

主な戦績[編集]

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2013年 第18回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 4区(5.0km) 5位 14分40秒 大阪府チーム総合15位
2013年 全国高校総体2013 1500m決勝 2位 3分48秒76[9] 自己ベスト・当時大阪府高校記録
2013年 第64回大阪府高等学校駅伝兼全国高校駅伝競走大会予選会 3区(8.1075km) 1位 24分50秒 大阪桐蔭高校チーム総合初優勝
2013年 第64回全国高等学校駅伝競走大会 1区(10.0km) 6位 29分49秒 大阪桐蔭高校チーム総合22位
2014年 第19回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 1区(7.0km) 7位 20分17秒 大阪府チーム総合13位
2014年 第93回関東学生陸上競技対校選手権大会 1500m 5位 3分53秒18
2014年 第9回世田谷246ハーフマラソン ハーフマラソン 7位 1時間4分38秒
2015年 第42回高根沢町元気あっぷハーフマラソン ハーフマラソン 2位 1時間4分2秒
2015年 第37回神奈川マラソン ハーフマラソン 6位 1時間4分33秒
2015年 第94回関東学生陸上競技対校選手権大会 10000m 6位 29分30秒48
2015年 日本学生陸上競技個人選手権大会 5000m 優勝 14分4秒22
2015年 第10回世田谷246ハーフマラソン ハーフマラソン 優勝 1時間3分28秒
2016年 第21回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会 3区(8.5km) 45位 25分45秒 大阪府チーム総合21位
2016年 第70回香川丸亀国際ハーフマラソン ハーフマラソン 20位 1時間2分35秒 自己ベスト
2016年 第99回日本陸上競技選手権大会クロスカントリー競走 12km 16位 37分14秒
2016年 第19回日本学生ハーフマラソン選手権大会 ハーフマラソン 8位 1時間3分22秒 立川シティハーフマラソン・学生の部
2016年 第95回関東学生陸上競技対校選手権大会 10000m 25位 30分9秒41
2016年 日本学生陸上競技個人選手権大会 5000m 12位 14分18秒42
2016年 Scholten Awater Zevenheuvelenloop Nijimegan(オランダナイメーヘン) 15km 14位 46分9秒
2017年 第39回神奈川マラソン ハーフマラソン 11位 1時間3分10秒
2017年 第96回関東学生陸上競技対校選手権大会 1500m 6位 3分53秒86

大学駅伝戦績[編集]

学年(年度) 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生(2014年度) 第26回 - (開催中止) 第46回 ー - ー 出走なし 第91回 ー - ー 出走なし
2年生(2015年度) 第27回 - 2区
区間4位 - 16分08秒

(歴代7位)

第47回 ー - ー 出走なし 第92回 - 9区
区間7位 - 1時間11分23秒
3年生(2016年度) 第28回 ー - ー 出走なし 第48回 - 7区
区間5位 - 35分17秒
第93回 ー - ー 出走なし
4年生(2017年度) 第29回 ー - ー 出走なし 第49回 - 1区
区間11位 - 44分46秒
第94回 ー - ー 出走なし

マラソン成績[編集]

年月 大会 順位 記録 備考
2017年 2月 東京マラソン 18位 2時間12分58秒 初マラソン、日本人8位・学生1位
2020年 2月 第69回別府大分毎日マラソン 11位 2時間11分58秒 自己記録
2021年 2月 第76回びわ湖毎日マラソン 49位 2時間10分47秒 自己記録
2021年12月 第75回福岡国際マラソン 39位 2時間18分35秒
2022年 3月 東京マラソン2021 89位 2時間20分33秒
2022年12月 第53回防府読売マラソン 優勝 2時間08分29秒 自己記録・マラソン初優勝・2023年MGC出場権獲得

自己記録[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]