中村祐也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中村 祐也 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナカムラ ユウヤ
ラテン文字 NAKAMURA Yuya
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-04-14) 1986年4月14日(31歳)
出身地 埼玉県ふじみ野市
身長 168cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC町田ゼルビア
ポジション FW
背番号 11
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2007
2008-2014
2015-
浦和レッドダイヤモンズ
湘南ベルマーレ
FC町田ゼルビア
0 (00)
102 (23)
35 (11)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

中村 祐也(なかむら ゆうや、1986年(昭和61年)4月14日 - )は、埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(FW)JリーグFC町田ゼルビア所属。

来歴[編集]

高校生年代では、浦和レッズユースに所属。2004年4月16日にトップ登録[1]され、2005年大山俊輔と共にトップ昇格した[2]。昇格後は負傷がちで、満足に練習すらできないまま2年を過ごした。3年目は、トップ下のほかセカンドトップでもプレーし、サテライト大宮戦でハットトリックを記録した。

2008年湘南ベルマーレへ完全移籍[3]。当初はベンチ入りもかなわなかったが、徐々に実力を認められ、5月25日、対横浜FC戦でJリーグデビューを果たした。しかし、リーグ戦で5試合のみの出場(すべて途中出場、通算で65分)と、不本意なシーズンに終わったが、非常に練習熱心であるという評価を受けて契約更新を果たした[4]

2009年反町康治が監督に就任すると重用されるようになった。3月15日の第2節、対栃木戦で途中出場。以後途中出場ながら全試合で起用され、3月25日の第4節、対札幌戦では、プロ初得点を記録。5月2日の第12節、対C大阪戦では、初のスタメン出場を果たす。以後はスタメンに定着し、5月23日の第17節、対富山戦及び6月9日の第20節、対愛媛戦ではともに2得点を挙げるなど、得点力を開花。計44試合に出場し、チームトップの14得点(J2全体で13位)を上げ、湘南のJ1昇格に貢献した。

2014年12月、FC町田ゼルビアへ完全移籍[5]。移籍後1年目は、出場機会に恵まれずにシーズン終了を迎えたが、翌2016年シーズンは先発で出場する試合が多く、J2リーグの中で決定率が1番(44.0%)高かった[6]

エピソード[編集]

  • 同じ中村姓で誤認されることもあるそうだが、浦和レッズユース時代の同期である中村祐人及び祐人の父である中村修三(元浦和レッズ強化本部長)と、祐也との間に血縁関係は無い。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 1993年 - 1998年 上福岡少年少女サッカークラブ
  • 1999年 - 2001年 浦和レッズジュニアユース
  • 2002年 - 2004年 浦和レッズユース (埼玉県立福岡高等学校)
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2005 浦和 31 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2006 0 0 0 0 0 0 0 0
2007 26 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 湘南 28 J2 5 0 - 1 0 6 0
2009 22 44 14 - 1 0 45 14
2010 J1 30 3 4 2 1 0 35 5
2011 J2 5 3 - 0 0 5 3
2012 11 8 2 - 0 0 8 2
2013 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2014 J2 10 1 - 0 0 10 1
2015 町田 J3 16 0 - 2 0 18 0
2016 J2 19 11 - 1 0 20 11
2017 -
通算 日本 J1 30 3 4 2 1 0 35 5
日本 J2 91 31 - 3 0 94 31
日本 J3 16 0 - 2 0 18 0
総通算 137 34 4 2 6 0 147 36

その他の公式戦

代表歴[編集]

  • 2001年 U-15日本代表候補

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]