中村知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中村 知(なかむら さとる、1893年2月21日 - 1972年3月1日)は、日本のボーイスカウトの黎明期から、第二次世界大戦前の拡大期、戦後の再建期にわたって活躍したボーイスカウト指導者。「ちーやん」の愛称で親しまれた。筆名に東野通義

ボーイスカウト日本連盟の功労章である「はと章」「やたがらす章」の受賞者。

『ちーやん夜話集』や多くのスカウトソングの作詞作曲、スカウト運動の基礎となる書籍類の翻訳で知られる。

来歴[編集]

1893年、愛媛県松山市に生まれる。

1909年、広島高等師範学校(現・広島大学)付属中学校に在学中、当時の校長だった北条時敬より英国ボーイスカウトについての知識を得、生徒同志30名と日本最初のスカウティング集団「城東団」を結成し班長となる。

1917年、東洋協会植民専門学校(現・拓殖大学)朝鮮語学科を卒業。

1922年、京都帝国大学文学部史学科東洋史選科を修了。

1923年、大阪府立高津中学校(現・高津高等学校)歴史科の教諭となる。クラブ活動の一環として「スカウト部」を創設。隊長を務める。(1939年まで)

1929年、第3回世界ジャンボリーに参加。ギルウェル・パークの国際指導者訓練コースを修了。

1939年、「少年団日本連盟」の教務部長に就任。ボーイスカウト指導者の養成を担当する。

1941年、少年団日本連盟が「大日本青少年団」に吸収される。少年部課長、錬成局少年部長を担当。

1949年、広島市立児童図書館の館長に就任。

1950年、ボーイスカウト日本連盟の那須野営場が開設され、場長に就任。

1955年、日本連盟事務局の奉仕部長に就任。

1964年、日本連盟の嘱託となる。

1966年、勲五等瑞宝章を受章。

1972年、死去。享年79。

主な翻訳[編集]

  • 『スカウティング・フォア・ボーイズ』
  • 『パトロールシステムと班長への手紙』
  • 『ウルフカブス・ハンドブック』
  • 『ローバーリング・ツウ・サクセス』

外部リンク[編集]