中村璋八

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 璋八(なかむら しょうはち、1926年1月7日 - 2015年6月2日[1])は、日本の中国哲学研究者、駒澤大学名誉教授。 

神奈川県愛甲郡愛川町生まれ。1951年東京文理科大学文学科卒。1978年「五行大義の基礎的研究」で駒澤大学文学博士東京都立町田高等学校教諭、駒澤大学文学部助教授、教授。[2]1996年定年退任、名誉教授。

2015年6月2日、老衰のため死去。89歳没。

著書[編集]

  • 『五行大義』明徳出版社 中国古典新書 1973
  • 『五行大義の基礎的研究』明徳出版社 1976
  • 『五行大義校註』汲古書院 1984
  • 『日本陰陽道書の研究』汲古書院 1985
  • 菜根譚のことば』斯文会 My古典 2007

共編著[編集]

  • 緯書の基礎的研究』安居香山共著 漢魏文化研究会 1966 のち国書刊行会
  • 『原典対照中国思想文学通史』編著 明治書院 1984
  • 『緯学研究論叢 安居香山博士追悼』編 平河出版社 1993
  • 『選集道教と日本 第2巻 古代文化の展開と道教』野口鉄郎共編 雄山閣出版 1997
  • 『中国人と道教 林原フォーラム’97』編 汲古書院 1998

訳注など[編集]

  • 『緯書集成』全6巻 安居香山共編 漢魏文化研究室 1959-64
  • 『重修緯書集成』全6巻 安居香山共編 明徳出版社 1971-92
  • 呂氏春秋内野熊一郎共著 明徳出版社 中国古典新書 1976
  • 『給食倫理』編著 第一出版 給食学双書 1977
  • 食経佐藤達全共編著 明徳出版社 中国古典新書 1978
  • 道元『作る心食べる心 典座教訓・赴粥飯法・正法眼蔵示庫院文』石川力山中村信幸共訳著 第一出版 1980 『典座教訓・赴粥飯法』講談社学術文庫 1991
  • 『日本料理秘伝集成 原典現代語訳 第17巻 食品食物学・食医学』佐藤達全共編 同朋舎出版 1985
  • 『五行大義全釈』藤井友子共著 明治書院 1986
  • 洪自誠『菜根譚』石川力山共訳注 講談社学術文庫 1986
  • 食物本草』佐藤達全共著 明徳出版社 中国古典新書 1987
  • 都良香『都氏文集全釈』大塚雅司共著 汲古書院 1988
  • 蔡恒息『易のニューサイエンス 八卦太極図とコンピュータ』武田時昌共訳 東方書店 1989
  • 朱宗元,趙青樹『陰陽五行学説入門』中村敞子共訳 谷口書店 1990
  • 周易本義』古藤友子共著 明徳出版社 中国古典新書続編 1992
  • 洪丕謨,姜玉珍『中国算命術』中村敞子共訳 東方書店 1992
  • 『田氏家集全釈』島田伸一郎共著 汲古書院 1993
  • 『五行大義』清水浩子共著 明治書院 新編漢文選 1998
  • 風俗通義』清水浩子共著 明徳出版社 中国古典新書続編 2002
  • 洪応明『菜根譚 清朝本全訳』訳注 東方書店 2006
  • 中右記部類紙背漢詩集』伊野弘子共訳注 汲古書院 2011

記念論集[編集]

  • 『東洋学論集 中村璋八博士古稀記念』汲古書院 1996

[編集]

  1. ^ 中国哲学者の中村璋八さんが死去:朝日新聞
  2. ^ 『現代日本人名録』