中村淳治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 淳治(なかむら じゅんじ、1930年昭和5年)4月23日[1] - 2010年平成22年)11月19日[2])は、昭和から平成時代前期の政治家醸造家青森県黒石市長

経歴[編集]

青森県南津軽郡黒石町(現黒石市)出身[2]1951年(昭和26年)明治薬学専門学校を卒業し[1]、黒石市職員となる[2]。黒石市議会議員を2期務めたのち、1974年(昭和49年)黒石市長に当選[1]。3期12年に渡り務め、市民文化会館や黒石公民館の建設、勤労青少年ホームや中央スポーツ館などの整備、3度に渡る浅瀬石川水害の復旧などに尽力した[2]。退任後は、酒蔵「中村亀吉」を経営し、平成22年度の全国清酒鑑評会で金賞を受賞した[2]。2010年(平成22年)11月19日、黒石病院で死去した[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 日外アソシエーツ株式会社 1999, 327頁.
  2. ^ a b c d e f 元黒石市長、中村淳治氏が死去。80歳”. 津軽新報 (2010年11月20日). 2020年4月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ株式会社 編 『現代政治家人名事典』日外アソシエーツ、1999年。ISBN 481691529X