中村浩志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 浩志(なかむら ひろし、1947年 - )は、日本の鳥類学者信州大学名誉教授。一般財団法人中村浩志国際鳥類研究所代表理事。専門はカッコウライチョウの生態研究。理学博士(1981年、京都大学

人物[編集]

長野県埴科郡坂城町出身[1]。昭和44年(1969年)信州大学教育学部小学教員養成課程卒業。同49年(1974年)京都大学大学院理学研究科動物生態学専攻博士課程修了。同55年(1980年)信州大学教育学部生態学研究室助手、同61年(1986年)助教授、平成4年(1992年)教授。同24年(2012年)退官。同27年(2015年)長野市に一般財団法人中村浩志国際鳥類研究所を設立。

平成6年(1994年)からケンブリッジ大学に留学し、同12年(2000年)ライチョウ会議議長、同18年(2006年)から同21年(2009年)まで日本鳥学会会長[2]

編著[編集]

  • 「戸隠の自然」信濃毎日新聞社 1991年
  • 「軽井沢の自然」信濃毎日新聞社 1992年
  • 「カケスの森」フレーベル館 1998年
  • 「千曲川の自然」信濃毎日新聞社 1999年
  • 「 甦れ、ブッポウソウ ネイチャー・ストーリーズ」 山と渓谷社 2004年
  • 「雷鳥が語りかけるもの ネイチャー・ストーリーズ」 山と溪谷社 2006年
  • 「歩こう神秘の森戸隠」信濃毎日新聞社 2011年
  • 「二万年の奇跡を生きた鳥ライチョウ」農山漁村文化協会 2013年
  • 「ライチョウを絶滅から守る!」 しなのき書房 2018年
  • 「野鳥の生活 森に棲む鳥」 遊行社 2021年

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鳥類生態学の権威・中村浩志さんが坂城町特命大使に坂城町
  2. ^ 代表理事 中村 浩志 の紹介

参考文献[編集]