中村浩一 (プロデューサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら こういち
中村 浩一
生誕 (1967-12-02) 1967年12月2日(54歳)
日本の旗 日本愛知県名古屋市中村区
職業実業家
芸能プロモーター
パーソナリティー
団体エムディーエム
名古屋美少女ファクトリー
著名な実績名古屋アイドル『OS☆U』『dela』立ち上げ
影響を受けたもの真田幸村
公式サイトhttps://ameblo.jp/kochan12021202/

中村 浩一(なかむら こういち、1967年昭和42年〉12月2日 - )は、名古屋市を拠点に活動する実業家芸能プロモーターパーソナリティー。元広告代理店「エムディーエム」代表取締役。

略歴[編集]

愛知県名古屋市中村区生まれ[1]。大学生の時、学生タレントとして活動するうち名古屋テレビの番組ブレーン、キャスティングとして参加。テレビ番組平成のオキテ』『オトナになりたい』『そんなバカな』『オジャマンナイト』などを担当した[1]

大学卒業後も広告会社に勤務しながら、名古屋テレビの番組ブレーンを継続。7年後に退社し、名古屋で広告会社芸能事務所を設立した[1]

2010年平成22年)に「今の時代はインターネットがあれば名古屋からでも十分に情報発信ができる、地域の芸能文化を発展させ、地元を離れずに活動できる環境を確立したい」と大須を名古屋のサブカルチャーの中心地と考えてアイドルグループ『OS☆U』の創設に携わり[2]、初代プロデューサーを務めた[3]

2012年、名古屋駅西側(駅西)を拠点とするアイドルグループ『dela』を創設[4]プロデューサーを務めた[5][6]

2020年令和2年)2月15日に「dela」の加入を目指していたA子さんへカメラテストと称しわいせつな行為をしたとして、A子さんから330万円の支払いを求める民事訴訟を2020年5月15日提起されたと週刊文春に報じられた。5月19日に代理人弁護士が、東京地裁に対し、深刻な名誉毀損の恐れがあるなどとして、記事掲載差し止めを求める仮処分を申し立てたが、翌20日、東京地裁は「記事の内容が真実に反するとは認められない」、「記事の差し止めが相当とされるプライバシー侵害があると認められない」などとし、申し立てを却下した[7]

地裁に却下された後、週刊誌報道(カメラテストと偽り猥褻行為を内部告発される)による混乱の責任を取るとして、5月29日、株式会社エムディーエムの代表取締役、及びアイドルグループ「dela」のプロデューサーを辞任した[8][9]

年譜[編集]

人物[編集]

  • 実姉が元ミス名古屋フラワーガール[1]
  • 小学校4年生のときに沢田研二ザ・タイガースに衝撃をうける。「初のカラーコンタクト」「初のビジュアル系」「初のテクノポップ」など誰もやってないことに挑戦していく姿勢に影響された[1]
  • 趣味は麻雀と、高校のクラブ活動から続けているラグビー、ポジションはフルバック。クラブチームで30年ラグビーを続ける[4]
  • 好きな言葉はラグビー用語の「one for all,all for all、1人はみんなのために、みんなは1つの目標のために」「栄冠はみんなでつないで勝ち取るもの、一人だけスターがいてもチームとしての勝利はない。ステージに立っている者もそうでない者も全員がひとつのチーム」[13][1]
  • 尊敬する人は真田幸村。自分の意思を曲げず巨大な相手に屈しない生き方が理由。自身の作詞家ペンネーム「雪村」は真田幸村からきている[14]
  • 2020年発売の週刊プレイボーイに中村氏は「人とのつながりが蜘蛛の糸になってきた」「経営はペナントレース!負けても命があれば必ず復活できる」とインタビューで持論を展開する[15]

プロデュース[編集]

グループ[編集]

タレント[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 【ミスマガジン ベスト16】沢口愛華15才の素顔&美少女発掘プロデューサーにインタビュー!”. WWSチャンネル (2018年6月1日). 2020年5月21日閲覧。
  2. ^ a b 杉浦萌「地元から世界へ挑む 中村区発のアイドルグループ「dela(デラ)」」 (pdf) 『地域みっちゃく生活情報誌 名古屋フリモ 中村版』2016年8月号Vol.73、株式会社中広、2016年8月25日、2020年5月21日閲覧。
  3. ^ “大須にぎわい仕掛け人=F―PRO代表 中村浩一さん”. 中部経済新聞. (2010年11月20日). オリジナルの2018年10月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181024232119/http://www.chukei-news.co.jp/news/201011/20/articles_13405.php 
  4. ^ a b “街独自のアイドルを名古屋美少女ファクトリー中村浩一さん(中部ひと模様)”. 日本経済新聞. (2017年10月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22026250X01C17A0SHJ000/ 2020年5月21日閲覧。 
  5. ^ “名古屋駅西からアイドルユニット誕生-「地方から世界へ」を目標に”. 名駅経済新聞. (2012年4月20日). http://meieki.keizai.biz/headline/1599/ 2020年5月21日閲覧。 
  6. ^ “名駅西のご当地アイドル「デラ」がデビュー”. 中日新聞. (2012年5月29日). オリジナルの2012年5月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120531233412/http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012052990163352.html 2012年5月29日閲覧。 
  7. ^ 文春に記事差し止めを請求 事務所社長がアイドル志望者に“わいせつカメラテスト”トラブル」『週刊文春』2020年5月28日号、株式会社文藝春秋、2020年5月20日。 オリジナルの2020年5月26日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20200526015313/https://bunshun.jp/articles/-/379272021年6月24日閲覧 
  8. ^ “名古屋のアイドル「dela」中村浩一氏がプロデューサー辞任 週刊誌報道の「混乱の責任を取り」”. スポニチ. (2020年5月30日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/30/kiji/20200530s00041000280000c.html 2020年6月8日閲覧。 
  9. ^ “弊社代表辞任のお知らせ” (プレスリリース), 株式会社エムディーエム, (2020年5月29日), オリジナルの2020年6月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200608052755/https://www.nbgf.jp/archives/2951 2020年6月8日閲覧。 
  10. ^ 7月からの新番組「J-LEGEND」のパーソナリティ中村浩一さんにお話を伺いました”. 東海ラジオ (2017年6月30日). 2020年5月21日閲覧。
  11. ^ 沢田研二のラジオ番組にリスナーから「マニアックすぎる」と称賛の声!”. 日刊エンタメクリップ. 2017年10月14日閲覧。
  12. ^ @tokairadio (2019年11月13日). "東海ラジオ・公式ツイッター DJ・中村浩一「J-LEGEND 沢田研二 年末スペシャル」復活" (ツイート). 2019年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。Twitterより2019年11月13日閲覧
  13. ^ “社説「それが希望 推進力だ こどもの日に考える」”. 中日新聞・東京新聞. (2016年5月5日). http://jepc.jp/jepc%E4%B8%AD%E9%83%A8%E4%BC%9A%E5%93%A1-%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89mdm%E4%BB%A3%E8%A1%A8-%E4%B8%AD%E6%9D%91%E6%B5%A9%E4%B8%80%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8C%E4%B8%AD%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%AB/ 2020年5月21日閲覧。 
  14. ^ 【独占記事】ミスマガジン2018グランプリ・沢口愛華(15)歓喜のインタビュー&中村代表の格闘6年”. WWSチャンネル (2018年7月31日). 2018年7月31日閲覧。
  15. ^ @kochan1202 (2020年4月27日). "本日発売の週刊プレイボーイに私のインタビューが掲載されています。" (ツイート). Twitterより2020年5月21日閲覧
  16. ^ ドラマ「おかげ様で」スーパーバイザー中村浩一”. ドラマデーターベース (2015年9月26日). 2020年5月21日閲覧。
  17. ^ 1月にオーディションを受けてファイナリストとして臨ませていただいた、ベストオブミス愛知大会...”. 犬塚志乃オフィシャルブログ「犬塚志乃の??発見伝ヾ(*´∀`*)ノ??」Powered by Ameba (2019年3月27日). 2020年5月21日閲覧。
  18. ^ 7年ぶりに復活した「ミスマガジン2018」、ベスト16進出者が水着姿を披露”. マイナビニュース (2018年5月2日). 2020年5月21日閲覧。
  19. ^ “ミスマガジングランプリは名古屋のアイドル・沢口愛華 憧れの女優は高畑充希”. 毎日新聞. (2018年7月17日). オリジナルの2018年2月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180717124804/https://mainichi.jp/articles/20180717/dyo/00m/200/023000c 
  20. ^ “ナイスバディーの15歳、沢口愛華がミスマガジンに”. 日刊スポーツ. (2018年7月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807170000731.html 2020年5月21日閲覧。 
  21. ^ 7年ぶり復活「ミスマガジン2018」グランプリ&各賞受賞者5名決定<プロフィール>”. モデルプレス. 2020年5月21日閲覧。
  22. ^ “ミスマガジンGPに15歳・沢口愛華 あこがれは高畑充希”. スポーツニッポン. (2018年7月17日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/17/kiji/20180717s00041000266000c.html 2020年5月21日閲覧。 
  23. ^ “スパガ浅川梨奈 ミスマガジンGP沢口愛華にJKグラドル枠期待”. 東京スポーツ. (2018年7月17日). https://www.tokyo-sports.co.jp/eyecatch/1066720/ 2020年5月21日閲覧。 
  24. ^ 7年ぶり復活「ミスマガジン」GPに沢口愛華 名古屋発アイドルユニット「dela」所属の15歳”. オリコンニュース (2018年7月17日). 2020年5月21日閲覧。
  25. ^ ミスマガジン2018」グランプリは愛知出身 15歳の沢口愛華”. ザ・テレビジョン (2018年7月17日). 2020年5月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]