中村浩一 (プロデューサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
なかむら こういち
中村 浩一
生誕 (1967-12-02) 1967年12月2日(50歳)
日本の旗 日本愛知県名古屋市中村区
出身校 中京大学
職業 実業家
芸能プロモーター
パーソナリティー
団体 エムディーエム
名古屋美少女ファクトリー
著名な実績 名古屋アイドル「OS☆U」「dela」立ち上げ
影響を受けたもの 真田幸村
公式サイト http://ameblo.jp/kochan12021202/

中村 浩一(なかむら こういち、1967年12月2日 - )は、名古屋市を拠点に活動する実業家・芸能プロモーター・パーソナリティー広告代理店「エムディーエム」代表取締役。芸能事務所「名古屋美少女ファクトリー」代表取締役社長。2012年に誕生したご当地アイドル「dela」プロデューサー[1][2]。過去に2010年に結成したOS☆Uの創設に携わり、初代プロデューサーを務めた[3]愛知県名古屋市中村区出身。血液型O型

経歴[編集]

概要[編集]

19才から地元の番組でレポーターをしていた[5]。大学時代に学生タレントが集まるインカレサークル「FIRST&FINAL」を設立したことをキッカケに代表とタレントを兼務。当時ものまねタレント・古賀シュウ、前川智明、女優・岩橋道子、双子モデル・松本姉妹などが参加。同時に名古屋テレビの番組ブレーン、キャスティングとして参加するようになった。「平成のオキテ」「オトナになりたい」「そんなバカな」「オジャマンナイト」など[6]

大学卒業後も広告会社に勤務しながらも二足の草鞋で、名古屋テレビの番組ブレーンは続ける。7年勤めた広告会社を退社後、名古屋で広告会社、芸能事務所を設立した[6]

2010年に「今の時代はインターネットがあれば名古屋からでも十分に情報発信ができる、地域の芸能文化を発展させ、地元を離れずに活動できる環境を確立したい」と大須を名古屋のサブカルチャーの中心地と考えてアイドルグループ「OS☆U」を結成[5]

2012年、自身が生まれ育った名古屋市中村区の顔・名古屋駅西側(駅西)を拠点とするアイドルグループ「dela」を結成[7]

人物[編集]

  • 名古屋市中村区生まれ。[6]
  • 実姉が元ミス名古屋フラワーガール[6]
  • 趣味は麻雀と、学生時代から続けているラグビー、ポジションはフルバック。高校時代にラグビー部所属。クラブチームで30年ラグビーを続ける[8][6]
  • 熱烈な中日ドラゴンズファン(小学校1年生から)。
  • 人前に出ることが好きで、小学校、中学校では児童会長・生徒会長を経験[6]
  • 小学校4年生のときに沢田研二とザ・タイガースに衝撃をうける。「初のカラーコンタクト」「初のビジュアル系」「初のテクノポップ」など誰もやってないことに挑戦していく姿勢を今のプロデュース業に大きく影響をうける[6]。後に、ジュリー研究を発表するラジオ番組をはじめる。
  • 好きな言葉はラグビー用語の「one for all,all for all、1人はみんなのために、みんなは1つの目標のために」「栄冠はみんなでつないで勝ち取るもの、一人だけスターがいてもチームとしての勝利はない。ステージに立っている者もそうでない者も全員がひとつのチーム」[9][6]
  • 尊敬する人は真田幸村。自分の意思を曲げず巨大な相手に屈しない生き方が理由。自身の作詞家ペンネーム『雪村』は真田幸村からきている[10]

プロデュース[編集]

作品[編集]

  • メ〜テレ平成のオキテ
  • フジテレビ『第38回さんまの地方CM大賞』ノミネート作品『全建愛知 萌え編』(制作、2008年
  • CBCテレビ創立60周年・名古屋青年会議所60周年記念ドラマ『おかげ様で!』(スーパーバイザー、2010年[11]
  • 池田貴族チャリティーライブ「貴族大生前葬」(実行委員会事務局長、1999年)
  • 名古屋カルチャーコレクション(コーディネーター、2011年

グループ[編集]

タレント[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • J-LEGEND 1st 沢田研二(2017年7月9日~10月16日、東海ラジオ) - 全15回。パーソナリティー[21]

脚注[編集]

  1. ^ 名古屋駅西からアイドルユニット誕生-「地方から世界へ」を目標に 名駅経済新聞 2012年4月20日閲覧
  2. ^ “名駅西のご当地アイドル「デラ」がデビュー”. 中日新聞. (2012年5月29日). オリジナル2012年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120531233412/http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012052990163352.html 2012年5月29日閲覧。 
  3. ^ 大須にぎわい仕掛け人=F―PRO代表 中村浩一さん中部経済新聞 2010年11月20日
  4. ^ 沢田研二のラジオ番組にリスナーから「マニアックすぎる」と称賛の声!日刊エンタメクリップ、2017年10月14日
  5. ^ a b 中村浩一・雑誌インタビュー
  6. ^ a b c d e f g h 【ミスマガジン ベスト16】沢口愛華15才の素顔&美少女発掘プロデューサーにインタビュー!WWSチャンネル、2018年6月1日)
  7. ^ 街独自のアイドルを 名古屋美少女ファクトリー中村浩一さん(中部ひと模様),日本経済新聞、2017年10月7日
  8. ^ 街独自のアイドルを 名古屋美少女ファクトリー中村浩一さん(中部ひと模様)日本経済新聞、2017年10月7日
  9. ^ Jepc中部会員 (株)mdm代表 中村浩一さんが中日新聞に紹介されました日本イベントプロデュース協会 2016年5月9日
  10. ^ 【独占記事】ミスマガジン2018グランプリ・沢口愛華(15)歓喜のインタビュー&中村代表の格闘6年WWSチャンネル、2018年7月31日
  11. ^ “ドラマ「おかげ様で」スーパーバイザー中村浩一”. ドラマデーターベース. (2015年9月26日). http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-45061 2014年5月21日閲覧。 
  12. ^ “7年ぶりに復活した「ミスマガジン2018」、ベスト16進出者が水着姿を披露” (日本語). マイナビニュース. https://news.mynavi.jp/article/20180502-625070/ 2018年5月7日閲覧。 
  13. ^ ミスマガジングランプリは名古屋のアイドル・沢口愛華 憧れの女優は高畑充希毎日新聞、2018年7月17日
  14. ^ ナイスバディーの15歳、沢口愛華がミスマガジンに日刊スポーツ、2018年7月17日
  15. ^ 7年ぶり復活「ミスマガジン2018」グランプリ&各賞受賞者5名決定<プロフィール>モデルプレス、2018年7月17日
  16. ^ ミスマガジンGPに15歳・沢口愛華 あこがれは高畑充希スポーツニッポン、2018年7月17日
  17. ^ スパガ浅川梨奈 ミスマガジンGP沢口愛華にJKグラドル枠期待東京スポーツ、2018年7月17日
  18. ^ 7年ぶり復活「ミスマガジン」GPに沢口愛華 名古屋発アイドルユニット「dela」所属の15歳オリコンニュース、2018年7月17日
  19. ^ 沢口愛華、憧れの存在は高畑充希 「ミスマガジン」でグランプリ産経デジタル、2018年7月17日
  20. ^ ミスマガジン2018」グランプリは愛知出身 15歳の沢口愛華ザ・テレビジョン、2018年7月17日
  21. ^ 7月からの新番組「J-LEGEND」のパーソナリティ中村浩一さんにお話を伺いました東海ラジオ、2017年6月30日

外部リンク[編集]