中村正人 (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 正人
なかむら まさと
沖縄県うるま市 市長 中村正人.jpg
内閣府地方創生推進室より公表された肖像
生年月日 (1965-03-10) 1965年3月10日(57歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 沖縄中頭郡具志川市
(現・日本の旗 日本 沖縄県うるま市
出身校 日本文理大学
前職 うるま市議会議員
所属政党無所属→)
政党そうぞう→)
日本維新の会→)
維新の党→)
(おおさか維新の会→)
日本維新の会→)
無所属

当選回数 1回
在任期間 2021年5月15日 - 現職

うるま市旗 うるま市議会議員
当選回数 4回(2006年の選挙)
在任期間 2005年4月1日 - 2021年2月1日

具志川市旗 具志川市議会議員
当選回数 2回
在任期間 1998年 - 2005年4月1日
テンプレートを表示

中村 正人(なかむら まさと、1965年昭和40年〉3月10日[1] - )は、日本政治家沖縄県うるま市長(1期)。うるま市議会議員(4期)、具志川市議会議員(2期)、政党そうぞう幹事長(第2代)などを歴任した。

来歴[編集]

琉球政府具志川市(現・沖縄県うるま市)出身、日本文理大学卒業。

1998年、具志川市議会議員に当選。具志川市議2期目中の2005年4月1日、具志川市は、石川市勝連町与那城町合併してうるま市となり消滅したため、2005年4月からはうるま市議会議員となる。2006年10月8日のうるま市議選で当選。

下地幹郎率いる地域政党政党そうぞうに参加し、そうぞうでは幹事長も務めたが、後に日本維新の会に移籍し、同党の沖縄県総支部幹事長を務めた[2]2015年末の維新の党分裂の際はおおさか維新の会(翌年に日本維新の会に改称)に参加し、党県支部にあたる「おきなわ維新の会」の幹事長に就任[3]

2017年に同年のうるま市長選への立候補を表明したが、現職の島袋俊夫との保守分裂選挙を避けるため立候補を取りやめた[4]

2020年12月18日、島袋の勇退に伴う翌年の市長選挙への立候補を表明[5]2021年4月25日投開票のうるま市長選挙では、自由民主党公明党・会派おきなわ、無所属の会(旧そうぞう・維新系の沖縄県議会会派)から推薦を受け、オール沖縄勢力の推す沖縄国際大学名誉教授の照屋寛之を破り初当選[6]

2022年5月14日、PCR検査により新型コロナウイルス陽性が確認された。同月16日、市は中村の感染を発表した[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

公職
先代
島袋俊夫
うるま市旗沖縄県うるま市長
2021年 -
次代
(現職)
党職
先代
前川朝平
政党そうぞう幹事長
第2代:2008年 - 2012年
次代
呉屋宏