中村桃子 (言語学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 桃子(なかむら ももこ、1955年 - )は、日本言語学者関東学院大学教授。

人物[編集]

東京都生まれ。1978年青山学院大学英米文学科卒、1981年上智大学大学院外国語学研究科言語学専攻博士課程前期修了。1987年関東学院大学専任講師、1991年助教授、1997年教授。1992年-1994年カナダ、ブリティッシュコロンビア大学客員研究員。2007年山川菊栄賞受賞。2011年「The ideology of Japanese women’s language : a historical discourse analysis」(日本語における女ことばのイデオロギー)でお茶の水女子大学博士(人文科学)。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『婚姻改姓・夫婦同姓のおとし穴』勁草書房 1992
  • 『ことばとフェミニズム』勁草書房 1995
  • 『ことばとジェンダー』勁草書房 2001
  • 『「女ことば」はつくられる』ひつじ書房 2007 未発選書
  • 『〈性〉と日本語 ことばがつくる女と男』日本放送出版協会・NHKブックス 2007
  • 『女ことばと日本語』岩波新書、2012 

共編著[編集]

  • 『暴力とジェンダー 連続講義』林博史,細谷実共編著 白澤社 2009
  • 『ジェンダーで学ぶ言語学』編 世界思想社、2010

翻訳[編集]

  • D.カメロン『フェミニズムと言語理論』勁草書房 1990
  • D.カメロン, D.クーリック『ことばとセクシュアリティ』熊谷滋子,佐藤響子, クレア・マリィ共訳 三元社 2009

参考[編集]