中村智彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 智彦(なかむら ともひこ、1964年 - )は、神戸国際大学経済学部教授である。専門は産業論、中小企業論、地域経済論。博士(学術)名古屋大学1999年)。

略歴[編集]

東京都町田市に生まれる。上智大学卒業後、外資系航空会社家電メーカー出版社などに勤務し、シンガポール駐在経験も持つ。その後、大学院進学、修了後に大阪府の研究機関である大阪府立産業開発研究所に勤務し、大学に転ずるという経歴を持つ。

中部経済産業局愛知県山形県長井市など各地の産業振興関係の委員などを務めるなど、行政関係の役職も多い。

中小企業振興を中心のテーマに据え、中小企業経営者向けの講演や執筆を行うほか、中小企業経営者や商工会商工会議所などの交流会や勉強会などにも参加している。

その他、NHKの経済番組や民放のテレビ、ラジオにも中小企業や地域経済の専門家として出演している。また、日本テレビ放送世界一受けたい授業」において「工場見学」のコーナーを担当、テレビ大阪「ニュースBIZ」では木曜日経済特集のコメンテーターを担当している。マネジメントはSHUプロモーション

学歴[編集]

職歴[編集]


  • NHK「21世紀ビジネス塾」(2003-2005)
  • NHK「経済最前線」(2005)
  • NHK「プライスの謎」(2006)
  • 静岡放送ラジオ『とれたてラジオ』(2005-)
  • NTV「世界一受けたい授業」(2006-)
  • TV大阪「ニュースBIZ」(2008-)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]