中村斉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 斉(なかむら ひとし、1967年 - )は、日本作曲家、音楽教師、ピアニストヴァイオリニスト山口県出身。

経歴[編集]

中村は、ピアノヴァイオリン、そして作曲を、東京で学んだ。秋吉台国際20世紀音楽セミナー&フェスティバルに参加し、1991年には第1回の秋吉台国際作曲賞を受賞した。この受賞によってドイツダルムシュタットで開催されるダルムシュタット夏季現代音楽講習会に参加する奨学金を得た。1994年には、中村はこのセミナーに講師として招かれた。

作曲家として中村は、様々なジャンルの作品に手を染めている。日本の有名なリコーダー奏者である鈴木俊哉は、中村の作品をよく初演している。

おもな作品[編集]

室内楽[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 現代芸術の夕べ「13日の金曜夜のコンサート」プログラム”. 日本財団図書館. 2012年6月17日閲覧。
  2. ^ 山下和仁アートサークル”. 山下和仁アートサークル. 2012年6月17日閲覧。