中村教彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 教彰(なかむら のりあき、1947年6月29日[1] - )は、日本政治家。元千葉県白井市長(2期)。

来歴[編集]

千葉県印旛郡白井村(のち白井町、現・白井市)出身[1]國學院大學法学部[1]1991年、白井町議会議員に当選、2期務める[2]1996年、白井町長に当選[1]。町長在任中の1998年に全国の自治体で初めてISO 14000を取得した[3]2001年、白井町は市制施行により白井市となり、初代市長に就任した[3]2004年に再選。2008年に退任した。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]