中村捷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 捷(なかむら まさる、1945年 - )は、英語学言語学者東北大学名誉教授

略歴[編集]

島根県生まれ。1967年島根大学教育学部英語学科卒、1973年東北大学大学院文学研究科博士課程満期退学。1974年東北大学助手、1975年東京学芸大学講師、1977年助教授、1981年東北大学文学部助教授、1990年教授、1994年「束縛理論・語彙意味論の研究」で東北大学より博士(文学)の学位を取得。1999年同文学研究科教授、2008年定年退任、名誉教授東洋英和女学院大学国際社会学部教授。2013年退職。

1977年市河賞受賞。この間、マサチューセッツ工科大学研究員(フルブライト若手研究員)。カリフォルニア大学アーバイン校客員教授(文部省在外研究員)。[1][2]

著書[編集]

  • 『束縛関係 代用表現と移動』ひつじ書房 ひつじ研究叢書 言語編 1996
  • 『意味論 動的意味論』開拓社 現代の英語学シリーズ 2003
  • 『実例解説英文法』開拓社 2009
  • 『発話型英文法の教え方・学び方』開拓社 2018

共編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『実例解説英文法』著者紹介
  2. ^ 研究者情報