中村忠 (会計学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 忠(なかむら ただし、1930年11月 - 2008年10月26日)は会計学者。一橋大学名誉教授。正四位瑞宝中綬章。1988年から1994年まで日本会計研究学会理事。1990年から1993年まで日本簿記学会会長、1993年から同学会顧問。2007年まで社団法人如水会調布支部長。税理士試験・公認会計士試験委員も務めた。

来歴

  • また学生時代から一貫して資本会計の研究を続けており、商法改正や会計基準の改廃時にはそれを解説する論文を書いている。
  • 代表的著書に『現代会計学』・『現代簿記』白桃書房など多数ある。また会計に関するコラムニストとしても知られ、それらを纏めて『会計学こぼれ話』・『会計学放浪記』・『会計学つれづれ草』・『会計学風土記』として公刊している。

学歴

経歴

この間1969年から1975年まで企業会計審議会幹事、1979年から1988年まで同委員、1984年法制審議会商法部会委員、1991年から財団法人産業経理協会評議員、1988年から1992年公認会計士第二次試験委員等を歴任。