中村廣治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 廣治(なかむら ひろじ、1931年 - )は、日本思想史家で、デヴィッド・リカード研究を専門とした。広島大学名誉教授。元経済学史学会代表幹事

来歴[編集]

福岡県生まれ[1]旧制福岡高等学校を経て、1953年九州大学経済学部卒業。高木暢哉門下で、1955年九州大学大学院経済学研究科博士課程進学[2]。1958年大分大学着任[3][1]。1964年九州大学大学院経済学研究科博士課程修了、経済学博士[4]広島大学教授、熊本学園大学教授、九州産業大学教授を歴任した[1][3]。広島大学名誉教授[3]。この間、1995年から1997年まで経済学史学会代表幹事[5]。専門はデヴィッド・リカード[1]

著書[編集]

  • 『リカアドウ体系』ミネルヴァ書房 1975年
  • 『市場経済の思想像』九州大学出版会 1994年
  • 『リカードウ経済学研究』九州大学出版会 1996年
  • 『市場と反市場の経済思想 : 経済学の史的再構成』(高哲男と共編著)ミネルヴァ書房 2000年
  • 『リカードウ評伝-生涯・学説・活動-』昭和堂 2009年

脚注[編集]

先代
津田内匠
経済学史学会代表幹事
1995年 - 1997年
次代
根岸隆