中村宜聖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 宜聖
福岡ソフトバンクホークス #142
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大分県大分市
生年月日 (2000-07-03) 2000年7月3日(18歳)
身長
体重
183 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 2018年 育成ドラフト4位
年俸 360万円 (2019年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中村 宜聖(なかむら たかまさ、2000年7月3日 - )は、大分県大分市出身[1]プロ野球選手外野手育成選手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大分市立大在小学校1年生の頃に「大在少年野球クラブ」において軟式野球を始め、大分市立大在中学校時代は硬式野球の「明野ボーイズ」で阪神タイガースに入団した小幡竜平とともにプレーし、4番・外野手で出場した3年生の秋の九州大会で優勝した[1]

高校は福岡県八女市西日本短大附属高校に進学し、1年生の秋からベンチ入りを果たす[1]。甲子園出場の経験はないが、2年生の春の春季九州大会2回戦に進出[2]。3年生の夏の第100回選手権福岡大会は3回戦で沖学園高校に敗れた[3]

2018年10月25日に行われたプロ野球ドラフト会議において、福岡ソフトバンクホークスから育成ドラフト四巡目指名され[4]、支度金300万円、年俸360万円(金額は推定)で契約合意に達し[5]、12月6日、福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[6]

背番号142

選手としての特徴[編集]

  • 身体能力抜群で強肩、強打、俊足の三拍子揃った大型選手[7]。恵まれた体格を活かした打撃で高校通算15本塁打を記録する[4]

人物[編集]

  • 父親は日本文理大学硬式野球部監督の中村壽博[1]
  • 目標とする選手は内川聖一。小学6年生のときに参加した「内川聖一杯大分市学童軟式野球チャンピオン大会」において選手宣誓をした際に、内川から「一緒にやろうな」と声を掛けられプロを志すようになった[8]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 142 (2019年 - )

登場曲[編集]

  • 「Sucker For You」Matt Terry(2019年 - )
  • 「Uptown Funk」Mark Ronson(2019年 - )

[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 26年前、父が頂点に立った甲子園へ プロの注目度も上昇中の西短付・中村 高校野球福岡大会7日開幕”. 西日本スポーツ (2018年7月3日). 2019年3月10日閲覧。
  2. ^ 春季九州大会(2017年)秀岳館―西日本短大付(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2017年4月24日). 2019年3月14日閲覧。
  3. ^ 第100回全国高校野球選手権南福岡大会 沖学園―西日本短大付(3回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2018年7月13日). 2019年3月14日閲覧。
  4. ^ a b ホークス育成4位 西短大付高・中村選手が抱負 「1軍で活躍したい」 福岡県”. 西日本新聞 (2018年10月27日). 2019年3月14日閲覧。
  5. ^ 『12球団全選手カラー百科名鑑2019』廣済堂出版、2019年、56頁。ISBN 978-4-331-80410-0
  6. ^ 2018/12/06(木) 選手 新入団会見レポ。1位甲斐野投手の背番号は20”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2018年12月6日). 2019年3月14日閲覧。
  7. ^ 2018年ドラフト ソフトバンク指名選手一覧”. 西日本スポーツ (2018年10月23日). 2019年3月7日閲覧。
  8. ^ ソフトB内川、“教え子”育成4位中村にエール 和田杯とのコラボも構想”. 西日本スポーツ (2018年12月3日). 2019年3月14日閲覧。
  9. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]