中村守手

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 守手(なかむら もりて、1820年3月25日文政3年2月12日) - 1882年明治15年)2月4日)は、幕末から明治期の国学者本姓は永井。通称は富得、文太夫、三千雄。号は西涯、甲文丘、鼎山。

生涯 [編集]

文政3年(1820年)生まれ。出雲大社神官であり国学者の中村文太夫守臣養子となり[1]、国学や和歌を学んだ。明治2年(1869年)松江藩藩校修道館教授となる。のち熊野神社宮司易学軍学にも通じた。

脚注 [編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 守手に関する文献が非常に少なく定かではない。

外部リンク[編集]