中村地平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 地平(なかむら ちへい、1908年明治41年)2月7日 - 1963年昭和38年)2月26日)は宮崎県出身の小説家銀行家宮崎県立図書館長、宮崎相互銀行(現宮崎太陽銀行)社長。自らが憧れた南方の風土で培われた南方文学を提唱した。筆名であり、本名は中村治兵衛

来歴・人物[編集]

1908年(明治41年)、現宮崎市淀川町に中村常三郎の次男として裕福な商家に生まれた。旧制宮崎中学校(現宮崎大宮高校)時代、佐藤春夫の台湾小説を読んで南方に憧れ、1930年(昭和5年)3月、台湾総督府台北高等学校を卒業。同年4月、東京帝国大学文学部美術史科に入学。入学試験の会場で太宰治と知り合った。学生時代の1932年(昭和7年)「熱帯柳の種子」を文芸誌『作品』に発表。やがて井伏鱒二に師事し太宰治小山祐士とともに、井伏門下の3羽ガラスといわれたが、のち『日本浪曼派』の運営をめぐる口論から太宰とは絶交。1935年(昭和10年)9月、太宰の失踪と自殺未遂を題材にした「失踪」を『行動』誌に発表。これに対して、1936年(昭和11年)10月、太宰が地平との交友を題材に「喝采」を書き、『若草』誌に発表。地平はこれを読み、自分が戯画化されていると感じて不快になった。

大学卒業後、都新聞(現在の東京新聞)に入社。1937年(昭和12年)に発表した「土竜どんもぽっくり」が芥川賞候補にノミネートされる。翌1938年(昭和13年)には「南方郵信」で二回目の芥川賞候補になる。いわゆる南方文学の旗手として注目された。1939年(昭和14年)に恋人の真杉静枝と台湾各地を旅行し、『蕃界の女』『霧の蕃社』『長耳国漂流記』など、台湾に取材した小説を残した。

1944年(昭和19年)、疎開して宮崎市に帰郷。戦後、日向日日新聞(現宮崎日日新聞社)編集総務、西部図書株式会社の設立にかかわる。1947年(昭和22年)、宮崎県立図書館長となった(1957年まで)。晩年は父常三郎の跡を継いで宮崎相互銀行社長を務めた。

1962年(昭和37年)4月、筑摩書房版『定本 太宰治全集』2月報に「『喝采』前後」という随筆を寄せ、亡き太宰と和解。1963年(昭和38年)2月26日、死去。没後の1971年(昭和46年)、皆美社から『中村地平全集』が刊行された。

著書[編集]

  • 旅さきにて 版画荘 1937 (版画荘文庫)
  • 熱帯柳の種子 版画荘 1938
  • 戦死した兄 竹村書房 1939
  • 仕事机 随筆・評論 筑摩書房 1941
  • 台湾小説集 墨水書房 1941
  • 長耳国漂流記 河出書房 1941
  • あをば若葉 博文館 1942
  • 船出の心 文林堂双魚房 1943
  • マライの人たち 文林堂双魚房 1944
  • 日向 小山書店 1944 (新風土記叢書) のち角川文庫 
  • 河童の遠征 翼賛出版協會 1944.12 (新民話叢書)
  • 白百合先生 西部図書 1947
  • 太陽の眼 西部図書 1948
  • 義妹 小山書店 1948
  • 陽なた丘の少女 養徳社 1948
  • 中村地平全集 全3巻 皆美社 1971
  • 『中村地平小説集』 (鉱脈社 1997年)

復刊[編集]

  • 台湾小説集 ゆまに書房 2000.9 (日本植民地文学精選集)
  • 『日向』(鉱脈社 1996年)
  • 『民話集 河童の遠征』(鉱脈社 2004年)

外部リンク[編集]