中村喜四郎 (先代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
中村喜四郎 (先代)
なかむら きしろう
生年月日 1910年11月5日
出生地 茨城県
没年月日 (1971-12-21) 1971年12月21日(満61歳没)
出身校 東京文理科大学(現・筑波大学
前職 茨城県議会議員
所属政党 自由民主党
配偶者
親族 妻・中村登美
息子・中村喜四郎

選挙区 茨城県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1965年7月7日 - 1971年12月21日
テンプレートを表示

中村 喜四郎(なかむら きしろう、明治43年(1910年11月5日 - 昭和46年(1971年12月21日)は、日本教育者政治家。位階は正五位。勲等は勲三等

参議院議員(2期)。茨城県議会議員(5期)。

経歴[編集]

教育者として[編集]

明治43年(1910年)、茨城県生まれ[1]

茨城県師範学校東京高等師範学校卒業[1]。郷里の小学校訓導島根県師範学校教諭を務める[1]

昭和15年(1940年)、東京文理科大学卒業[1]。中国に渡り、北京日本中学校教諭、北京工業大学教授を務める[1]

昭和20年(1945年)、帰国。その後、茨城県立境高等学校教諭を務める[1]。戦前戦後を通じ、教育一筋の道を歩んだ。

政治家として[編集]

昭和22年(1947年)、茨城県議会議員選挙に当選[1]。以来、連続五期十八年間にわたり、県議会議員として活躍[1]

昭和33年(1958年)、第54代茨城県議会議長[2]

昭和40年(1965年)、第7回参議院議員通常選挙茨城県選挙区自由民主党から出馬し、初当選。

昭和46年(1971年)、第9回参議院議員通常選挙再選。同年12月、参議院議員在職中に死去。

昭和47年(1972年)2月、補欠選挙が行われ、妻の登美が無所属で出馬し日本社会党の矢田部理・自由民主党の山口武平らを破り、当選した[3]

人物像[編集]

大松博文によれば「中村は剣道の達人であり、一面、硬骨漢としての性格の持ち主だったが、親しく接すると、親身にあふれ、人間味豊かだった。」という[1]。中村と剣道のつながりは、幼少のころからだが弱かったので、からだを鍛えるために剣道を始めたことが動機であった[1]

家族・親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
議会
先代:
大谷藤之助
日本の旗 参議院文教委員長
1968年 - 1969年
次代:
久保勘一