中村和弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 和弘(なかむら かずひろ、1942年1月15日 - )は、静岡県出身の俳人現代俳句協会会長(2018年-)。

経歴[編集]

静岡県湖西市鷲津に生まれる。1961年に上京し、シナリオ広告理論等を学ぶ[1]。俳人の田川飛旅子に師事し、田川の紹介で「寒雷」句会にて加藤楸邨に学んだ。

田川飛旅子が主宰する俳句誌「陸」の編集を担当し、1999年田川の逝去に伴い「陸」俳句会主宰を継承。2018年に現代俳句協会会長(第7代)に就任した。国際俳句交流協会副会長[2]。1996年に第47回現代俳句協会賞を受賞[3]

句集[編集]

  • 『蠟涙』角川書店 1998年
  • 『黒船』角川書店 2007年
  • 『中村和弘句集』ふらんす堂 2009年
  • 『東海』角川書店 2012年

脚注[編集]

  1. ^ 句集『蠟涙』著者経歴より
  2. ^ 国際俳句交流協会役員 https://www.haiku-hia.com/about/chiefs.html
  3. ^ 現代俳句協会 https://gendaihaiku.gr.jp/about/award/association_award/page-4121/

外部リンク[編集]