中村史郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中村 史郎(なかむら しろう、1950年10月17日 - )は、日本のカーデザイナー工業デザイナー。愛車は日産GT-R(R35)など。

経歴[編集]

主なカーデザイン[編集]

いすゞ自動車時代[編集]

ジェミニ(3代目)、ビークロス(ただし1993年発表のコンセプトカーのみ。)、ウィザード/ミュー(2代目)のチーフデザイナーとして参画。

日産自動車時代[編集]

1999年以降、デザイン本部長として日産全車のデザイン決定に参画。 主な代表作としては、マーチティアナなど。 就任以前に決定したデザインの車種が就任後に発表されていることも多く、明確にどの車種から彼がデザイン決定に参画したかは不明。しかし、新車発表時に彼がデザインについて説明をすることが多いため、世間一般の見方としては、彼がデザインしたものと思われがちである。

特徴・その他[編集]

日産への移籍[編集]

いすゞ自動車時代より、アートカレッジでの派遣留学、GMアドバンスデザインスタジオやいすゞヨーロッパエンジニアリング時代の経験や人脈を評価され、海外のヘッドハンティング会社を通じて日産自動車に移籍した。デザイナーとしての能力もさることながら、マネージメント能力に優れている。海外の有名デザイナーとの交流もあり、日本で数少ない有名なカーデザイナーと言える。 なお、この日産自動車への移籍に当たっては、1999年10月に行われたが、実際にヘッドハンティングの会社から打診があったのは同年6月末と本人が語っている。(参考:北野高校われら六稜人【第32回】右脳と左脳のホイールバランスに本人インタビュー掲載)

いすゞ・ビークロスのデザイン[編集]

なお、一番の代表作としてマスコミでもよく取上げられているビークロスのデザインについては、1992年から1993年にかけてコンセプトカーの開発に途中までの参画となり、量産車まで手がけてはいない。むしろビークロスのデザイン開発においては、キーデザイナーであるサイモン・コックスを発掘し、うまくマネージメントした点が挙げられる。

ベストドレッサー賞受賞こぼればなし[編集]

この賞を受賞した際、歌舞伎俳優の中村獅童も受賞している。同じ中村で、史郎(しろう)と獅童(しどう)違いであった。

出典[編集]

  1. ^ 役員体制の変更について”. 日産自動車 (2017年3月14日). 2017年4月23日閲覧。
  2. ^ 日産のチーフ・デザイナー、中村史郎氏が退任 後任はインフィニティのアルベイザ”. AUTOCAR JAPAN (2017年3月14日). 2017年4月23日閲覧。
  3. ^ 日産、中村史郎氏が退任。アルフォンソ・アルベイザ氏がデザインのトップに”. Car Watch (2017年3月14日). 2017年4月23日閲覧。
  4. ^ Nissan design chief Shiro Nakamura retires”. Autoblog (2017年3月14日). 2017年4月23日閲覧。