中村佑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかむら ゆうこ
中村 佑子
生年月日 1977年
出生地 日本の旗 東京都
職業 映画監督テレビディレクター
ジャンル 映画、テレビ
主な作品
映画
はじまりの記憶 杉本博司
あえかなる部屋 内藤礼と、光たち

中村 佑子(なかむら ゆうこ、1977年 - )は日本の映画監督テレビディレクター

来歴・人物[編集]

映画監督、テレビディレクター。テレビマンユニオン所属。

1977年 東京生まれ。桐朋学園小学校桐朋女子中学校・高等学校出身。慶應義塾大学文学部哲学科哲学専攻卒。 在学中はシネマ研究会に所属し、毎年8ミリ作品を発表。

卒業後(株)哲学書房入社(哲学書房は、ニューアカデミズムの旗振り役として、また朝日出版社時代に『現代思想』『エピステーメー』の創刊者としても知られる名編集者・中野幹隆が独立して作った出版社)。編集者として、西田幾多郎香山リカ著『善の研究—実在と自己』や、養老孟司著『能と生命と心-第一回養老孟司シンポジウム』等を担当。

退社して、塚本晋也監督の現場へ。 『六月の蛇』の美術スタッフ[1]、『VITAL』の助監督[2]をつとめる。

2005年 株式会社テレビマンユニオン参加。NHK『エジソンの玉手箱』、WOWOW『ご縁のひと アートディレクター・森本千絵』、WOWOW『石井岳龍の挑戦 3Dのその先へ』等の企画、ディレクタープロデューサーを務める。

2010年 WOWOWの放映番組として制作した『はじまりの記憶 杉本博司』が国際エミー賞・アート部門にノミネート。 同作を劇場公開版として再編集し、2012年『はじまりの記憶 杉本博司』渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開[3]。3ヶ月半のロングランを果たした後、全国20館上映。

2013年 NHK『ニッポンのジレンマ』、NHKBSプレミアム「幻の東京計画 首都にあり得た3つの夢」を放送。同作は2015ギャラクシー賞奨励賞を受賞。(出演は、槙文彦、神谷宏治、八束はじめ、豊川斎赫、中島直人、藤村龍至/隈研吾、猪子寿之、永山祐子、五十嵐太郎)、NHKEテレ「建築は知っている ランドマークから見た戦後70年」(出演:藤村龍至ほか)放送。

2015年『あえかなる部屋 内藤礼、光たち』が渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開[4]

監督作品[編集]

長編映画[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 六月の蛇 A SNAKE OF JUNE”. 塚本晋也 TSUKAMOTO SHINYA OFFICIAL WEBSITE. 2015年9月4日閲覧。
  2. ^ ヴィタール VITAL”. 塚本晋也 TSUKAMOTO SHINYA OFFICIAL WEBSITE. 2015年9月4日閲覧。
  3. ^ 3月公開の杉本博司ドキュメンタリー映画、記者会見で杉本博司、渋谷慶一郎、中村佑子が撮影秘話を語る”. ファッションプレス (2012年1月20日). 2015年9月4日閲覧。
  4. ^ 内藤礼のアートの本質と、作品に導かれた女性のドキュメンタリー「あえかなる部屋」予告編”. 映画.com (2015年7月24日). 2015年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]