中村佑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なかむら ゆうこ
中村 佑子
生年月日 1977年
出生地 日本の旗 東京都
職業 映画監督作家
ジャンル 映画テレビ
主な作品
映画
はじまりの記憶 杉本博司
あえかなる部屋 内藤礼と、光たち
 
受賞
Hotdocs正式招待作品(映画『あえかなる部屋 内藤礼と、光たち』)、ギャラクシー奨励賞(NHK BSプレミアム「幻の東京計画」)
テンプレートを表示

中村 佑子(なかむら ゆうこ、1977年 - )は、日本の映画監督作家テレビマンユニオン所属

来歴・人物[編集]

1977年、東京都生まれ。桐朋学園小学校桐朋女子中学校・高等学校を経て[1]慶應義塾大学文学部哲学科哲学専攻を卒業。

大学卒業後、(株)哲学書房に入社。退社後、塚本晋也監督の現場へ。 2005年、株式会社テレビマンユニオン参加。

2010年 WOWOWの放映番組として制作した『はじまりの記憶 杉本博司』が国際エミー賞・アート部門にノミネート。同作を劇場公開版として再編集し、2012年『はじまりの記憶 杉本博司』渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開[2]。3ヶ月半のロングランを果たした後、全国20館上映。

2013年 NHK『ニッポンのジレンマ』、NHKBSプレミアム「幻の東京計画 首都にあり得た3つの夢」を放送。同作は2015ギャラクシー賞奨励賞を受賞。、NHKEテレ「建築は知っている ランドマークから見た戦後70年」放送。

2015年『あえかなる部屋 内藤礼、光たち』が渋谷シアター・イメージフォーラムにて公開[3]。北米最大のドキュメンタリー映画祭HOTDOCS正式招待作品。

2016年文芸誌『すばる』にて翻訳家・西山敦子との往復書簡エッセイ連載「食卓でエクリール」。Vogue Blogにて映画エッセイ不定期連載。

2017年より『すばる』で論考「私たちはここにいる—現代の母なる場所」連載。

2018年より共同通信 美術展評〈アート逍遥〉担当。11月、NHK BS1「地球タクシー レイキャビク 篇」演出。

2019年3月、シアターコモンズ2019 リーディング公演に参加。スーザン・ソンタグ『アリス・イン・ベッド』 構成、演出。

12月、『すばる』の連載終了。Vogue Changeにてブックレビュー連載。

2020年12月、『マザリング 現代の母なる場所』刊行(集英社)。

2021年2月、シアターコモンズ2021 AR体験映画『サスペンデッド』(脚本、演出)、公開。

4月、NHKEテレ「ズームバック×オチアイ」第3回環境論、演出。

2022年4月より立教大学現代心理学部映像身体学科講師。

監督作品[編集]

長編映画[編集]

テレビ演出作[編集]

「はじまりの記憶 現代美術家 杉本博司」演出(WOWOW、2010年)

「ニッポンのジレンマ」演出、キャスティング(NHK Eテレ、2012年〜2013年 )

「幻の東京計画 —首都にあり得た3つの夢」演出(NHK BSプレミアム、2013年)

「ETV特集 建築は知っている —ランドマークから見た戦後70年」演出(NHKEテレ、2014年)

「地球タクシー レイキャビク」演出(NHK BS1、2018年)

「ズームバック×オチアイ 第3回環境論」演出(NHKEテレ、2021年)

演劇作[編集]

スーザン・ソンタグ『アリス・イン・ベッド』 リーディング公演(シアターコモンズ2019)

『サスペンデッド』AR体験型映画(シアターコモンズ 2021)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Yuko Nakamura” (マレー語). ms-my.facebook.com. 2022年10月1日閲覧。
  2. ^ 3月公開の杉本博司ドキュメンタリー映画、記者会見で杉本博司、渋谷慶一郎、中村佑子が撮影秘話を語る”. ファッションプレス (2012年1月20日). 2015年9月4日閲覧。
  3. ^ 内藤礼のアートの本質と、作品に導かれた女性のドキュメンタリー「あえかなる部屋」予告編”. 映画.com (2015年7月24日). 2015年9月4日閲覧。

外部リンク[編集]