中村亨三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 亨三(なかむら きょうぞう、1917年大正6年)6月22日[1][2] - 2007年平成19年)11月30日[3])は、昭和から平成時代前期の政治家青森県十和田市長大日本帝国海軍軍人。最終階級は海軍大尉

経歴[編集]

北海道に生まれる[2][注 1]旧制野辺地中学校を経て[2]1939年(昭和14年)海軍兵学校67期卒業[1]駆逐艦の航海長として太平洋戦争に出征し、ジャワ進攻ではバタビヤ沖で奮闘した[4]1943年(昭和18年)海軍大尉に進む[2]。戦傷を受け、1944年(昭和19年)第七〇一海軍航空隊通信長に転じ、国分航空基地で終戦を迎えた[4]。戦後、公職追放を受けた[4]

1945年(昭和20年)第二復員省勤務を経て、1949年(昭和24年)帰郷し、1952年(昭和27年)青森県上北郡三本木町収入役に就任する[2]。ついで十和田市助役、青森県教育委員を経て、1968年(昭和43年)十和田市長に就任した[2]。以後6選し1992年(平成4年)落選した[1]

ほか、三和農協参事、十和田観光電鉄取締役を務めた[5]

栄典[編集]

勲章等

親族[編集]

  • 子:中村友信(十和田市議会議員、青森県議会議員)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『現代政治家人名事典』327頁では十和田市生まれ。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 日外アソシエーツ株式会社 1999, 327頁.
  2. ^ a b c d e f 東奥日報社 2002, 979頁.
  3. ^ 『全国歴代知事・市長総覧』日外アソシエーツ、2022年、22頁。
  4. ^ a b c 弔辞”. 公益財団法人 水交会 (2007年12月4日). 2020年4月3日閲覧。
  5. ^ 人事興信所 1975, な133頁.

参考文献[編集]

  • 人事興信所 編 『人事興信録 第28版 下』人事興信所、1975年。 
  • 日外アソシエーツ株式会社 編 『現代政治家人名事典』日外アソシエーツ、1999年。ISBN 481691529X 
  • 東奥日報社 編 『青森県人名事典』東奥日報社、2002年。ISBN 4885610656