中本新二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中本 新二(なかもと しんじ、1945年7月8日 - )は、アーチェリー選手。兵庫県出身。

1971年アーチェリー世界選手権日本代表最終選考会では、1252点の世界記録を樹立した。アーチェリーが36年ぶりに復活した1972年ミュンヘンオリンピックでも代表に選ばれたが、38位に終わっている[1]

出典[編集]

  1. ^ メダル射程!日本アーチェリー”. 日刊スポーツ. 2016年1月11日閲覧。