中新田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中新田駅(なかしんでんえき)は、神奈川県高座郡海老名町中新田(現・海老名市中新田三丁目)にあった相模鉄道相模線廃駅)。正式には、「中新田停留場」と称していた。

以下、当時のことに関する記述は、特記がない限り廃止時点におけるものである。また、同停留場の近くに、新駅の計画があるので併記する。

地理[編集]

現在のJR相模線の厚木駅(厚木乗降場)から、同線の約400m茅ヶ崎寄りにあった。この場所は現在のJR相模線と神奈川県道43号藤沢厚木線神奈川県道46号相模原茅ヶ崎線(重複区間)が交わる中新田踏切と、その茅ヶ崎寄りの次の新田踏切との間に位置する。北緯35度26分24秒東経139度22分43秒座標: 北緯35度26分24秒 東経139度22分43秒付近。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線のみを持つ地上駅であった。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

隣の駅[編集]

相模鉄道
相模線
社家駅 - 中新田停留場 - 厚木駅[1]

新駅計画[編集]

中新田停留場とは異なる場所だが、JR相模線の社家駅と厚木駅の間の海老名運動公園の近くに、(仮称)海老名運動公園前駅を新設する計画がある。1995年平成7年)に、地元で新駅設置期成同盟会が結成され、東日本旅客鉄道に要望されている。なお、この場所には1946年(昭和21年)4月25日 - 1949年(昭和24年)3月1日に「山王原信号場」があった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在の厚木駅(厚木乗降場)とは違う。現在のJR相模線厚木駅(厚木乗降場)から約300m橋本寄りの位置、現在のJR東日本厚木提携販売センターの場所にあった。現在でも本屋はこの場所である。

参考文献[編集]

  • 相模鉄道四十年史編纂員編集『相模鉄道四十年史』、相模鉄道株式会社 昭和三十三年十一月発行
  • サトウ マコト著『JR相模線物語』、株式会社230(ニイサンマル)クラブ 2000年12月15日発行
  • 海老名市史編集委員会編集『えびなの歴史-海老名市史研究-第8号』、海老名市企画部市史編さん室 平成8年9月25日発行
  • 海老名市教育委員会生涯学習部文化財課編集『えびなの歴史-海老名市史研究-第15号』、海老名市 平成17年3月30日発行