中徳富駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中徳富駅
駅全体(2004年6月)
駅全体(2004年6月)
なかとっぷ
Nakatoppu
下徳富 (2.4km)
(2.6km) 新十津川
所在地 樺戸郡新十津川町字弥生
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 札沼線(学園都市線)
キロ程 73.9km(桑園起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)11月16日
廃止年月日 2006年平成18年)3月18日[1][2]
備考 乗降客僅少のため廃止
テンプレートを表示

中徳富駅(なかとっぷえき)は、北海道樺戸郡新十津川町字弥生にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)のである。利用客僅少のため2006年(平成18年)3月18日に廃駅となった[1][2]

概要[編集]

当駅は2代目であり、最初に中徳富駅を名乗ったのは現在の新十津川駅である。

廃止当時の利用者は年間数人程度(廃止年度は年間2人)であった。営業終了まで使われていた駅名標は現在新十津川町の開拓記念館で展示されている。

歴史[編集]

1977年の中徳富駅と周囲約500m範囲。下が札幌方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

廃止時の駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅舎、待合室ともなく、ホームのみが設置されていた。無人駅だった。駅の北側に南八号線の踏切が接していた。

駅周辺[編集]

周辺は田園風景が広がるのみである。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
札沼線(学園都市線)
下徳富駅 - 中徳富駅 - 新十津川駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “平成18年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2005年12月22日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2005/051222.pdf 2010年7月23日閲覧。 
  2. ^ a b c “消える駅 ダイヤ改正で「中徳富」廃止”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年3月21日)
  3. ^ “札沼線(学園都市線)の電化について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2009年9月9日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090909-2.pdf 2009年9月14日閲覧。 
  4. ^ “札沼線(学園都市線)の電化開業時期について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2011年10月13日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111013-3.pdf 2011年10月17日閲覧。 
  5. ^ a b 杉山茂「電化目前の学園都市線と専用気動車のこと」、『鉄道ファン』第615号、交友社、2012年7月、 27頁。

関連項目[編集]