中徳富駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中徳富駅
駅全体(2004年6月)
駅全体(2004年6月)
なかとっぷ
Nakatoppu
下徳富 (2.4km)
(2.6km) 新十津川
所在地 樺戸郡新十津川町字弥生
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 札沼線(学園都市線)
キロ程 73.9km(桑園起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)11月16日
廃止年月日 2006年平成18年)3月18日[1][2]
備考 乗降客僅少のため廃止
テンプレートを表示

中徳富駅(なかとっぷえき)は、北海道樺戸郡新十津川町字弥生にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)のである。利用客僅少のため2006年(平成18年)3月18日に廃駅となった[1][2]

歴史[編集]

1977年の中徳富駅と周囲約500m範囲。下が札幌方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅名の由来[編集]

初代の「中徳富駅」である新十津川駅は、地域名の「徳富」に、石狩川を基準にして中流にあることから「中」を冠したことによる命名であった[6]。2代目の「中徳富駅」である当駅についても、「上徳富」と「下徳富」の中間にあるための命名とされている[7]

なお、所在地名の「弥生」は、かつて内村ヤエという人物の家の脇を流れる川が「ヤエ川」と呼ばれ、いつしか「弥生」となったものであるとされる[8]

廃止時の駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅舎、待合室ともなく、ホームのみが設置されていた。石狩当別駅管理の無人駅だった。駅の北側に南八号線の踏切が接していた。

駅周辺[編集]

周辺は田園風景が広がるのみである。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
札沼線(学園都市線)
下徳富駅 - 中徳富駅 - 新十津川駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “平成18年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2005年12月22日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2005/051222.pdf 2010年7月23日閲覧。 
  2. ^ a b c “消える駅 ダイヤ改正で「中徳富」廃止”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2006年3月21日)
  3. ^ “札沼線(学園都市線)の電化について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2009年9月9日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090909-2.pdf 2009年9月14日閲覧。 
  4. ^ “札沼線(学園都市線)の電化開業時期について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2011年10月13日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2011/111013-3.pdf 2011年10月17日閲覧。 
  5. ^ a b 杉山茂「電化目前の学園都市線と専用気動車のこと」『鉄道ファン』第615号、交友社、2012年7月、 27頁。
  6. ^ 『駅名の起源』札幌鉄道局編、北彊民族研究会、1939年、32頁。NDLJP:1029473
  7. ^ 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、54頁。
  8. ^ 本多 貢 (1995-01-25). 児玉 芳明. ed (日本語). 北海道地名漢字解. 札幌市: 北海道新聞社. p. 162. ISBN 4893637606. OCLC 40491505. https://www.worldcat.org/oclc/40491505 2018年10月16日閲覧。. 

関連項目[編集]