中御門経之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中御門経之

中御門 経之(なかのみかど つねゆき、文政3年12月17日1821年1月20日)- 明治24年(1891年8月27日)は、日本江戸時代後期(幕末)から明治期の公卿華族麝香間祗候大納言留守長官等を歴任する。位階勲等は、従一位勲一等。妻は堀河康親の娘・富子(岩倉具視の実姉)。

生涯[編集]

坊城俊明の五男として生まれ、中御門資文の養嗣子となる。

安政5年(1858年)に通商条約勅許問題が起こると、88人の反対グループ(廷臣八十八卿)の一人となった。文久3年(1863年)、孝明天皇石清水八幡宮行幸を共にしている。しかし、その後は岩倉具視と手を結んで討幕派公卿の一人となり、慶応2年(1866年)には佐幕派であった関白二条斉敬中川宮朝彦親王を弾劾した。ところが、これが親王を厚く信任していた孝明天皇の怒りを買うこととなり、閉門処分に処せられた。同年末、孝明天皇が崩御し、明治天皇践祚された後に罪を許されて宮中に復帰する。

その後は討幕の密勅作成などに参加し、慶応3年(1867年)12月の王政復古とともに議定に任じられた。

翌・明治元年(1868年)1月、会計事務総督を兼ね、2月に会計事務局督に転じ、閏4月には権中納言となり、ついで会計官出仕、8月に同知事となった。

明治2年(1869年)2月、造幣局掛等を歴任し、5月に内廷職知事に任じられ、7月に留守長官に転じた。9月には維新の功により賞典禄1,500石を永世下賜され、11月に大納言に任じられた。しかし明治3年(1870年)、病により留守長官を辞し、麝香間祗候を仰せ付けられた。

その後、華族会館創設の計画協議などに当たった。明治24年(1891年)8月、病が重くなったため、特旨をもって従一位に叙せられた。

明治24年(1891年)8月27日に、病気のため薨去。享年71(満70歳没)。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。

関連項目[編集]


先代:
中御門経徳
中御門家
第27代
次代:
中御門経明