中川理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 理(なかがわ おさむ、1955年7月1日 - )は、建築学者、京都工芸繊維大学教授

神奈川県横浜市生まれ。1980年京都大学工学部建築学科卒業。1988年同大学院工学研究科博士課程修了、「大都市周辺町村での市街化に関する都市史的研究 地方税制度との関連を中心として」で工学博士。92京都工芸繊維大学助教授。同工芸科学研究科教授。2013年 日本建築学会教育賞。2015-16年建築史学会会長。2016年 [1]日本建築学会賞(論文)。

著書[編集]

  • 『重税都市 もうひとつの郊外住宅史』住まいの図書館出版局、住まい学大系 1990
  • 『偽装するニッポン 公共施設のディズニーランダゼイション彰国社、1996
  • 『京都モダン建築の発見』三田村勝利写真.淡交社、新撰京の魅力 2002
  • 『風景学 風景と景観をめぐる歴史と現在』共立出版、造形ライブラリー 2008
  • 『京都と近代 せめぎ合う都市空間の歴史』鹿島出版会、2015 

共編著[編集]

  • 『近代建築史』石田潤一郎共編.昭和堂、1998
  • 『京・まちづくり史』高橋康夫共編.昭和堂、2003
  • 『東山/京都風景論』加藤哲弘, 並木誠士共編.昭和堂、2006
  • 『美術館の可能性』並木誠士共著.学芸出版社、2006
  • 『近代日本の空間編成史』中川理編、思文閣出版、2017

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2016年各賞受賞者 | 日本建築学会”. 2018年6月26日閲覧。

参考[編集]