中川正左

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中川正左

中川 正左(なかがわ しょうざ、1881年明治14年)10月3日[1]1964年昭和39年)1月19日[2])は、日本の鉄道官僚実業家教育者

経歴[編集]

奈良県吉野郡十津川村出身[2]1905年(明治38年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業[1]逓信省鉄道局に入り、逓信書記官、鉄道院参事、同理事、中部鉄道管理局運輸課長、逓信大臣秘書官、鉄道院総裁秘書、鉄道省運輸局長、鉄道次官を歴任した[1]

退官後は、東京地下鉄道副社長、日満亜麻紡織株式会社取締役、玉川電鉄取締役、池上電気鉄道取締役、目黒蒲田電鉄取締役、東京横浜電鉄取締役、東武鉄道取締役、理研重工業取締役、鉄道同志会理事・副会長・会長、ジャパンツーリストビューロー常務理事、帝国自動車協会副会長、日本交通協会常務理事・会長、日満実業協会監事・常務理事、東亜経済懇談会常務理事、東京商工会議所交通部長、鉄道軌道統制会会長、東京帝国大学経済学部講師、拓殖大学講師、昭和高等鉄道学校校長、豊島商業学校校長、東京交通短期大学学長など多くの公職に就いた[1][3][4][5]

著書[編集]

  • 『鉄道論』(巌松堂書店、1921年)
  • 『帝国鉄道政策論』(鉄道研究社、1928年)
  • 『アメリカの産業合理化』(天人社、1930年)
  • 『最近鉄道論』(日本交通学会、1937年)

親族[編集]

  • 中村雄次郎 - 妻の父[1]。陸軍中将、男爵、貴族院議員、南満州鉄道総裁、宮内大臣、枢密顧問官。
  • 中川良一 - 長男[4]。航空技術者、自動車技術者。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 大衆人事録 1930.
  2. ^ a b 十津川かけはしネット. “十津川人物史” (日本語). 2016年8月20日閲覧。
  3. ^ 人事興信録 1937.
  4. ^ a b 人事興信録 1941.
  5. ^ 人事興信録 1943.

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第11版(下)』 人事興信所、1937年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(下)』 人事興信所、1941年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(下)』 人事興信所、1943年