中川文人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中川 文人(なかがわ ふみと、1964年[1] - )は、日本の作家編集者実業家有限会社ヨセフアンドレオン代表取締役。

来歴[編集]

法政大学文学部哲学科中退。法政大学では黒ヘルのリーダーとして活動した[2]レニングラード国立大学(現サンクトペテルブルク国立大学)中退。編集プロダクション・ヨセフアンドレオンを設立し、代表取締役を務める[3]

祖父藤岡淳吉日本共産党創立メンバーの一人。脱党後は共生閣や聖紀書房、彰考書院などの出版社を経営した人物である。兄中川右介音楽評論家編集者としてクラシックやポップス、歌舞伎などに関する著作を物する傍ら、自らも出版社アルファベータの代表取締役を務めている[1]

2010年12月に電子書籍出版サイト、わけあり堂をオープンする[4]。同サイトでは、2011年3月11-12日の東日本大震災をもって被災した長野県栄村の復興支援にあたる松尾眞京都精華大学教授などと連携して、被災下の現況をリアルタイムでウェブ配信した[5]

著書[編集]

  • 『余は如何にしてイスラム教徒となりし乎』 アイピーシー、1987年
  • 『地図を見るのが10倍楽しくなる本――〈国道の秘密〉編』 青春出版社、2001年
  • 『身近な人に「へぇー」と言わせる意外な話1000』(J&Lパブリッシング著)朝日文庫、2003年[2]
  • 『数字のどこをみてるんだ!』(数字で日本を暴く会著)宝島社、2004年[2]
  • 『地獄誕生の物語』 以文社、2008年
  • 『ポスト学生運動史――法大黒ヘル編 1985~1994』(外山恒一聞き手)彩流社、2010年
  • 『ソビエト社会主義共和国連邦の冬』(池田伸哉著、中川文人解説)彩流社、2011年
  • 『デルクイ01 反体制右翼マガジン』(デルクイ編集部編、共著)彩流社、2011年
  • 『デルクイ02 左右混淆反体制マガジン』(デルクイ編集部編、共著)彩流社、2013年

電子書籍[編集]

  • 『サムライコミュニズムとは何か』 わけあり堂、2012年
  • 『1分で読める戦国武将50 (アドベンチャーブックス 雑学シリーズ)』 アドベンチャー、2013年
  • 『超短編 戦国の物語50』 わけあり堂、2013年
  • 『ツァラトゥストラの社訓』全5巻 わけあり堂、漫画原作・中川文人、絵・斉田直世
  • 『サムライの名言100』 ヨセフアンドレオン、2014年
  • 『1987年の聖戦』 ヨセフアンドレオン、2014年 - 「余は如何にしてイスラム教徒となりし乎」の改題
  • 『キャバクラでモテる小ネタ1000』 J&Lパブリッシング、2014年 - 「身近な人に「へぇー」と言わせる意外な話1000」の改題

脚注[編集]

  1. ^ a b 『ポスト学生運動史』36-37頁
  2. ^ a b c ポスト学生運動史 | 彩流社
  3. ^ 地獄誕生の物語 以文社
  4. ^ 『ポスト学生運動史』の著者の中川文人氏が電子書籍の専門店『わけあり堂』を開店!! 彩流社
  5. ^ 被災地発の復興支援情報誌「月刊栄村」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]