中川大地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中川 大地
(なかがわ だいち)
誕生 1974年(44–45歳)
日本の旗 日本 東京都墨田区向島
職業 文筆家編集者
言語 日本語
最終学歴 早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程単位取得後退学
主題 アニメコンピュータゲームサブカルチャー、都市論
デビュー作 『東京スカイツリー論』
公式サイト 暁のかたる・しす
テンプレートを表示

中川 大地(なかがわ だいち、1974年 - )、は日本の文筆家編集者[1]宇野常寛主宰によるカルチャー雑誌『PLANETS』副編集長[2]東京都墨田区向島出身、早稲田大学大学院理工学研究科博士後期課程単位取得後退学[1]

アニメゲームサブカルチャー、都市論などをテーマとした評論ルポルタージュなどを手がける[1]。2012年、生まれ育った街である東京都墨田区に建設された東京スカイツリーをテーマとし、初の単著『東京スカイツリー論』を刊行した[3]

著作[編集]

単著[編集]

編集[編集]

寄稿[編集]

配信[編集]

  • ニコニコ動画有料チャンネルにて「月刊 中川大地の現代ゲーム全史」配信

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]