中嶋圓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中嶋 圓
(なかじま まどか)
生誕 1956年5月
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 生物学
研究機関 畜産試験場
国立衛生試験所
食品農医薬品安全性評価センター
静岡県立大学
出身校 東邦大学理学部卒業
静岡県立大学大学院
生活健康科学研究科
博士課程単位取得満期退学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

中嶋 圓(なかじま まどか、1956年5月 - )は、日本農林官僚生物学者学位博士(食品栄養科学)静岡県立大学2007年)。静岡県立大学学長補佐事務局教育研究推進部地域・産学連携推進室室長特任准教授新字体中島 円(なかじま まどか)とも表記される。

畜産試験場育種部遺伝障害研究室職員、国立衛生試験所変異原性部微生物変異研究室職員、財団法人食品農医薬品安全性評価センター安全性試験部職員などを歴任した。

来歴[編集]

1956年5月に生まれた[1]1978年4月より農林省施設等機関である畜産試験場で勤務することになり、育種部の遺伝障害研究室に配属された[2]。同年7月、農林省は農林水産省に改組されるが、引き続き畜産試験場にて勤務した。なお、東邦大学では理学部の生物学科にて学んでおり、1979年3月に卒業した[3]。同年4月からは、厚生省の施設等機関である国立衛生試験所に転じ、変異原性部の微生物変異研究室に配属された[2]1980年1月財団法人である食品農医薬品安全性評価センターに転じ、安全性試験部に配属された[2]。そのかたわら、静岡県立大学大学院においては、生活健康科学研究科にて学んでおり、2004年3月には博士課程を単位取得満期退学している[3]。なお、2007年には、静岡県立大学より博士(食品栄養科学)学位を取得している[4]2014年4月、静岡県立大学に転じ、事務局の教育研究推進部に配属された[2]特任准教授として、教育研究推進部に設置された地域・産学連携推進室の室長に就任するとともに、学長補佐にも就任した[1]

研究[編集]

学術団体としては、日本環境変異原学会や日本動物実験代替法学会に所属している[5]。両学会においては、評議員などの役職を務めた[5][6][7]。また、日本香料工業会においては、香料化合物再評価委員会の委員を務めている[8]。そのほか、厚生労働省にて、化学品の分類および表示に関する世界調和システムについて議論する「化学物質管理支援事業」のGHS分類検討委員会にて専門委員を務めた[8]

略歴[編集]

著作[編集]

分担執筆[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]