中崎タツヤスーパー ギャグシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『中崎タツヤ スーパーギャグシアター』(なかざきたつや・すーぱーぎゃぐしあたー)は、1994年1月16日1994年8月21日TBS系列の単発特別番組枠THE・プレゼンター」で放映されたテレビアニメスペシャル。TV放映時のタイトルは『超世紀末ギャグアニメ 中崎タツヤ傑作選』。

概要[編集]

中崎タツヤ原作の作品集『問題サラリーMAN』(日本文芸社刊)、『兎に角(とにかく)』『酣(たけなわ)』『お勉強』(全て竹書房刊)、『じみへん』(ビッグコミックスピリッツ小学館刊)といった作品の一部を、オムニバス形式で綴るブラックギャグ。

作者本人も後ろ姿だけではあるが出演している。

映像ソフト[編集]

ポニーキャニオン、TBSビデオからビデオ版が発売された。(全2巻) 収録された内容は、1994年1月16日放映の第1弾からのみで、 1994年8月21日放映の第2弾からの内容は収録されていない。

各話サブタイトル[編集]

1994年1月16日放映分[編集]

  • つい
  • 課長の娘
  • 水泳の達人
  • そば
  • 負け犬
  • お嫁さん
  • とんかつを食う
  • ちくわと私
  • 定年
  • 男子一生に悔いなし
  • 犬の日常
  • 私はこんなにも悲しい話をいまだかって知らない
  • あなたごめんなさい
  • 他人の車
  • 私の秘密
  • 自分史
  • 本音
  • あわよくば……
  • いるはずよ
  • バナナ
  • ツケの清算
  • 一日観光
  • フミキリ
  • 赤飯(ナレーションでは「お赤飯」)
  • オレのやり方

1994年8月21日放映分[編集]

  • ラーメン屋にて
  • あの感触
  • バス停
  • 精肉店の憂鬱
  • オオカミを見た!
  • 生まれいづる悩み
  • 毛蟹裁判
  • 俺はどうなるの?
  • やっぱり
  • 悲しみを知って人は優しくなれる
  • 真由美さん
  • いちず
  • もしも願いがかなうなら
  • 主婦の冒険?
  • 綱引き
  • 願(ねがい)
  • 男の夢
  • 樋口豆腐店
  • 備えあれば…
  • つぐない
  • 帰路(かえりみち)
  • オレは子供だ!
  • 街の天使ども
  • つなひき
  • リモコン
  • 近所つき合い
  • 家族の肖像
  • 絶体絶命
  • 遠い日の記憶

スタッフ[編集]

美術監督:古谷彰(スタジオユニ)
撮影監督:古林一太
録音監督:浦上靖夫
音楽:田中章喜
色指定:照屋美和子
作画:のなかかずみ、ムトウユージ 他
仕上:京都アニメーションライトフット、トレーススタジオM
背景:スタジオユニ
撮影:旭プロダクション
編集:岡安プロモーション、エス・シー・ティ
効果:横山正和
録音スタジオ:APUスタジオ
タイトル:道川昭
グラフィックデザイン:岡村公男
現像:東京現像所
製作デスク:斎藤敦
プロデューサー:児玉征太郎、増子相二郎(シンエイ動画)、石川滋、難波一弘(TBS)
製作:大友和夫
演出:ムトウユージ、大地丙太郎
監督:やすみ哲夫
製作:TBS、シンエイ動画

声の出演[編集]