中島由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中島 由美(なかじま ゆみ、1951年 - )は、日本スラブ語研究者一橋大学名誉教授。木村彰一賞受賞。

人物[編集]

東京都生まれ。1975年東京外国語大学外国語学部ロシア語科卒業。ノビサド大学哲学部留学、スコピエ大学文学部留学を経て、1982年東京大学大学院人文科学研究科言語学専攻博士課程満期退学。同年、東海大学文学部専任講師。1987年、東海大学文学部助教授。1989年東京工業大学工学部助教授。1994年一橋大学商学部助教授。1995年一橋大学社会学部助教授。1996年、教授。1997年、著書『バルカンをフィールドワークする』で木村彰一賞受賞。2000年一橋大学大学院社会学研究科教授、2015年、名誉教授[1]

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

  • マケドニア語会話練習帳』田中一生共編、大学書林、1981
  • 『マケドニア語基礎1500語』編、大学書林、1983
  • ロシア語へのパスポート』改訂版、黒田龍之助・柳町裕子共著、白水社、2005
  • 『事典世界のことば141』梶茂樹林徹共編、大修館書店、2009
  • 『ニューエクスプレスセルビア語・クロアチア語』野町素己共著、白水社、2010

翻訳[編集]

  • イヴァナ・ブルリッチ=マジュラニッチ『巨人レーゴチ』福音館書店、1990 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]一橋大学大学院社会学研究科

参考[編集]

外部リンク[編集]

中島由美研究室(言語学・スラヴ語学) - 一橋大学